2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
無料ブログはココログ

« 鬼束ちひろ:月光~Castle・imitation | トップページ | ロシアのUFOキャッチャーの景品はネコ・・・=^ェ^= »

2012年11月 8日 (木)

プロ野球・日本シリーズ第5戦、加藤健死球の大誤審で、栗山監督は試合放棄すべきではなかったのか・・・


大誤審 加藤健の演技に非難殺到!多田野数人へ危険球判定

プロ野球・日本シリーズ第5戦、柳田昌夫球審が加藤健死球の大誤審!当たっていない証拠画像

プロ野球・日本シリーズ第5戦、柳田昌夫球審が加藤健死球の大誤審!アッー!当たってる!

翌日のスポーツ紙の見出しに「誤審」の文字が躍った

多田野の玉が加藤にアッー!

  問題のシーンは4回表の巨人の攻撃中に起きた。右打席に入った加藤健選手の初球から送りバントの構えで、そこに多田野投手が内角高めの球を投じた。ボールは打者をえぐるように入って来て、加藤選手は思わずバットを引き、もんどりうって倒れ込んだ。

  柳田昌夫球審は「ファール」を宣告したが、加藤選手はうずくまったままだ。そこに巨人の原辰徳監督がベンチから出てきて、柳田球審に抗議を始めた。テレビ中継ではすぐに、この打席をスロー再生で検証した。解説者の古田敦也氏が「引いたバットが(加藤選手の)頭に当たって痛がっているみたいですね」と話し、投球が当たったわけではないとした。

  しばらくすると判定が一転、球審は多田野投手の投球を「危険球」として、退場処分を下したのだ。古田氏は「これは間違いですね」と首をかしげる。もう1人の解説者だった工藤公康氏も「当たっていませんから危険球ではないです」と球審の誤りを指摘した。日本ハムの栗山英樹監督は柳田球審に詰め寄り、長い時間抗議をしたが、こちらの判定は覆らなかった。


« 鬼束ちひろ:月光~Castle・imitation | トップページ | ロシアのUFOキャッチャーの景品はネコ・・・=^ェ^= »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/47773620

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球・日本シリーズ第5戦、加藤健死球の大誤審で、栗山監督は試合放棄すべきではなかったのか・・・:

« 鬼束ちひろ:月光~Castle・imitation | トップページ | ロシアのUFOキャッチャーの景品はネコ・・・=^ェ^= »