2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

著作権放棄と言論統制

2011年1月 1日 (土)

2011年元日、我龍待合室は著作権を放棄します。

2011年は卯年(ウサギ年)です あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2011年元日、我龍待合室は著作権をすべて放棄します。このブログに大したものがあるわけではありませんが、今後我龍待合室の記事等を使われるときには、出典を示す必要もリンクを貼る必要も一切ありません。どうぞご自由にお使いください。

ネットにおいては著作権放棄ということ自体、あまり珍しいことではありません。汎用性が求められるソフトやAAでは著作権放棄が多く行われていますが、それはネットが双方向のメディアであることと無関係ではないように思えます。

ネットの特徴は双方向メディアだということで、テレビ・ラジオ・新聞・書籍・雑誌といった従来の単方向メディアとは根本的に異なります。ネットが双方向メディアの特徴を生かし、情報をキャッチボールして膨らませる・コラボする・マッシュアップするとき、著作権の新しい地平が現れてきます。つまり、著作権について、両者は全く別の視点で構築されるべきではないでしょうか。ネットが既存のメディアとは全く別のメディアであるのに、著作権において同じ土俵に上がるというのは本当におかしな話です。

このように書くと、勝手にUPされた動画・音楽等によってCD・DVD等の売れ行きが落ちる云々という話も出てきますが、それは本当なのでしょうか。私自身を例に取れば、私はYouTubeでレッド・ツェッペリンの動画を見てから『DVD』を購入しましたし、やはりYouTubeで羽生善治名人の「他力が勝負を決める」の動画を見てから『プロフェッショナル仕事の流儀・棋士 羽生善治の仕事』を購入しました。つまり、CD・DVD等の売れ行きは、コンテンツの質が問われるのであって、著作権とは全く別の問題であるように思えるのです。

ネットにおいては、二次創作作品MAD動画などを許容する方向で、新たな宣伝・サービスのシステムを構築しようとする角川グループのスタンスが的を射ているのではないかと思えます。巨額の宣伝費を反日企業電通に支払うより、ネットの広告戦略は費用対効果で優れているのではないでしょうか。

ごたごたと理屈っぽくなってしまって申し訳ありません。本日をもって我龍待合室は著作権を放棄しますので、今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

2010年12月 5日 (日)

小沢一郎・ニコニコ生放送から民主党言論統制のゆくえを考える。

ニコニコ動画が言論弾圧!小沢一郎生放送で封殺されたNG投稿の記録 もう先月11月3日のことになるが、小沢一郎がニコニコ動画の生放送に出演。多くのコメントが寄せられ、アカのテレ朝「報道ステーション」は「小沢さんはネットで人気ある」などと言ったそうだが、その実態はNGワードのオンパレード!

小沢一郎は「ニコニコ動画は非常に多くの人にオープンで、(多くの人が)意見を言えるし、それに対して僕も反論できる」などとのたまっておるが、ニコニコ言論弾圧が発動され、言いたいことも言えなかったのが実情だ。詳細は次のページに委ねよう。

ニコニコ動画が言論弾圧!小沢一郎生放送で封殺されたNG投稿の記録 NGワードというのは、日本中国売国反日特亜チョン汚沢賄賂証人検察西松マニフェスト政権交代逮捕ブタ箱習近平人民解放軍野戦司令官政党助成金尖閣諸島外国人参政権在日特権子ども手当高校無償化・・・などなど、多数の単語がNGになっていたのだが、これでは「都合の悪いことは書くな!」と言っているに等しい。まさに言論弾圧!・・・そうそう、言論弾圧言論統制もNGワードとのこと。

ここで責められるべきはニコニコ動画運営側だ。いくら経営に汲々としていたとしても、小沢一郎に媚びへつらい、賄賂をもらって言論弾圧をするなど言語道断、メディアの魂を売る自殺行為に他ならないニコ動のNGワード集を見れば一目瞭然、これをうがった見方などと一蹴することはできないはずだ。特に、NG投稿を本人には書き込んだように見える設定をするなど、ニコ動の邪悪な意図は隠しようがない

ネットなど「所詮ネット」、便所の落書きでしかないしかし、ネットといえどもコケの一念、自由という砂浜の中に真実の宝石が散在することも事実であろう。ニコ動の愚かな行為は、自由の砂浜をヘドロで埋めることに他ならない。宝石はすべてヘドロで隠されてしまった・・・

在日外国人にあいさつした男性、人権擁護法違反で逮捕! 民主党政権、特に中共賛美を憚らない仙菅政権になってからというもの、露骨なまでの言論弾圧が行われている中国漁船衝突事件の海上保安庁のビデオは、都合の悪いものは隠せとばかり封殺国民の誰もが見る権利がある」としてビデオ公開した一色sengoku38氏の勇断も、インターネットへの対応を考え直すなど言論統制発言航空自衛隊入間基地の航空祭で荻野光男航友会会長が行った「政権をつぶす」という憂国発言は、事務次官通達によって言論封殺言論の自由を奪う暴挙だ国会では言論弾圧を企図した人権擁護法案が早期提出へと向かう・・・

民主党・仙谷由人が「情報保全に関する検討委員会」で「情報保全法制」を検討東京都では漫画アニメ規制の「青少年健全育成条例改正案」が成立といったニュースを見ても、表現の自由はゆゆしき方向に進んでいる。確かに、ウィキリークスのやり過ぎはあったが、言論弾圧という“暴力装置”は必ずと言っていいほど暴走する。戦前の「国体」と同じように、「人権」「健全」という名の暴力装置が暴走する日は遠くないのだろうか。アウターゾーンの未来が待っているのだろうか。

そもそも民主党が標榜する共産主義は、言論の自由など認めないのだから、ミンスが言論統制・言論弾圧に走るのは当然の流れだ結局、アカだの左翼だのといった連中は言論統制ばかりやりたがるが、これは自分たちの言動に自信がないことを証明しているにすぎないこそこそと汚い手を使って、堂々と議論することもできないアカい連中ども・・・民主党に投票した人たちは恥じるべきであろう

人気ブログランキングへ

2010年11月 1日 (月)

YouTubeの早すぎる動画削除に疑問を抱く。

売国奴・民主党のブーメランを期待するブログ」で、YouTubeの動画削除について次のようにコメントした。この場合の動画というのは、青山繁晴さんの“ニュースDEズバリ”動画である。

ちょっと“ぼやき”です。

YouTubeの動画削除に毎回いら立っています。確かに“著作権なるもの”の問題はあるかもしれません。しかし、他の動画サイトと比べると、あまりにも削除が早い!クレームが来たら即削除してるという感じです。まるで民主党の土下座外交のようです。

そして削除コメントが「この動画はユーザーにより削除されました」と。自分たちがクレームが怖くて削除したくせに、責任をすべてユーザーに押しつけるようなこのコメントは、まさに民主党を見るようであります

YouTubeに動画サイトの矜恃はないのでしょうか。まぁYouTubeにこんなことを求めても仕方ないのかもしれませんが、民主党と同じ臭いを感じて、非常に気持ち悪いです。。。

青山さんの動画の場合、民主党支持者や反日工作員からのクレームが多く、それによって削除されるケースが多いという。YouTube安易な削除に走るのではなく、削除依頼者の身元をしっかりとチェックし、匿名や実在しない人物を名乗る削除依頼者の要望は断固として排除するような配慮・慎重さが必要ではないかと思うのだ。安易な削除は言論の自由を侵害するのではないか中国のような言論統制になるのではないかと、不安に思う今日このごろである。

追記削除依頼は有料!」としたらどうだろうか。そうすれば、いい加減な削除依頼はできなくなるし、YouTubeも削除依頼で儲かるし、一石二鳥だ。削除依頼費は動画1本につき、10万円くらいか(笑

人気ブログランキングへ

2009年11月 4日 (水)

松岡修造の「MAD動画あっぱれ」発言から、著作権問題、けいおん!MADを取り上げてみる。

元プロテニスプレイヤーの松岡修造が、ニコニコ動画MAD動画に対して「あっぱれ!感謝したい」と書いていることを、ガジェット通信が「松岡修造『ニコ動』の無断編集動画に「あっぱれ! 感謝したい」」で伝えている。その雑誌『テニスマガジン12月号』のコラム記事には次のように書かれているという。

 僕の公式サイトに載せている動画コンテンツ「こんなあなたに…」を勝手に編集して、動画サイトに投稿する人があとを絶たない。人がまじめに作っているものを勝手に加工しておもしろがるなんて、僕は許さない――というのはウソで、怒るとかそういうことよりも、僕は「ホント、よくできているな」と思って見ている凝った編集には「あっぱれ!」をあげたいし、逆に出来が悪いものには、もっと頑張ってくれないかな、と思うほどだ。こんなに一所懸命に作ってくれて、感謝したいくらいだ。みんながいい作品(?)を作れるように、僕たちも、もっと強烈なものを作るべきだなと思っている。

太っ腹な松岡さん、さすがだ。今の時代の流れ、ネットの流れをよく読んでいると、ワシは思った。

MAD動画というと、必ず出てくるのが著作権の問題だ。しかし著作権を主張するヤツほど、大したものを作っていないという現実がある。典型的なのは、松本零士槇原敬之による「銀河鉄道999裁判」だ。

松本零士の『銀河鉄道999』には「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」とあり、槇原敬之の『約束の場所』には「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」とあったという。しかし、この程度のフレーズは中高生でも作り出せるレベルであり、そのオリジナルを主張して裁判まで起こす松本零士は、「なんてケツの穴の小さいヤツだ」とワシは思ってしまうのだ。概して、著作権を主張する輩にろくなヤツはいないのだ。

これだけパソコンが進化した現在、二次創作は今や当たり前である。MAD動画も必然的流れで登場したジャンルと言える。ならば、この流れを認めない方が時代に逆行しているのではないか。著作権についてはもっと緩やかに運用すべきだろう(「著作権なんて廃止してしまえ!」とまでは言わないが…笑)。『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』をリリースした角川グループは、MAD動画を認めることで収益を上げたが、このような戦略が必要だろう。

そもそも厳密なオリジナリティーは存在するのだろうか。もちろん存在しないとは言わないが、それはごくわずかで、ほとんどは他人の作品から何らかの影響を受けているのではないだろうか。以前、YMOが二次的オリジナリティーを昇華してその存在感を際立たせたことを書いたが、そうしたメタ・オリジナリティーとでもいうものが求められているのが現代なのだろう。そういう意味では、MAD動画の今後の展開に注目せざるを得ないのだ。

てなことで、「けいおん!」MADから、『【MAD】7分16秒で分かる「けいおん!」キャニオン』『【けいおん!】唯と澪のふわふわ時間』をどうぞ。前者の神ループと後者のフレーム編集には恐れ入りました。

人気ブログランキングへ

2009年6月27日 (土)

アナロ熊の哀愁。アナロ熊よ、永遠に…

「アナロ熊のうた」の着うたがヒット!アナロ熊のうた」が、「レコチョク・着うたデイリーランキング」で初登場5位にランクイン!

民放連地デジ推進PRキャラクター地デジカ」に対抗して登場した、2ちゃんねる発のキャラクター、ご存じ「アナロ熊」。その応援歌「アナロ熊のうた」の着うた配信が、“アナログ、い~な”の日である6月17日に始まり、同日初登場5位にランクイン。のまネコ騒動で話題となった「恋のマイアヒ」以来のネット発ヒットの兆しを見せているという。

アナログマのキャラに著作権はありませんアナロ熊のうた」はJASRACには登録しておらずアナログマのキャラクターには著作権がないというところが大変良いのである。ここまでネットが拡大すると、ワシは正直言って著作権自体に疑問がある著作権などすべて廃止して、二次製作を認めた方が、どんどんキャラも広がり、ヒットしブームも作られるのではないか…などと過激に思ったりもするのだ。その意味では、二次使用を認めない化石頭ゴチゴチの民放連の「地デジカ」よりも、著作権フリーを表明して自然発生的に生まれたアナロ熊」の方がずっと素晴らしい!

アナロ熊のうた」は哀愁漂う歌詞とメロディが(・∀・)イイ!! koushirou卑屈P)さんが「4月末に脊髄反射で作った」ということだが、そのドエライ才能にはおそれ入る。初音ミクの声もこの曲にはぴったりだ。

地上デジタルなど興味がなく、そもそもテレビを見ないワシは、アナログ放送に妙に哀愁を覚える。子供のころは白黒が当たり前。緑のフィルターをかけたインチキ“カラーテレビ”なんかが存在したこともあったっけ。初めて見たカラーテレビは、友達の家でのサンダーバード。「サンダーバード4号って黄色いんだ」と、妙に感激したものだった。昔はゴーストなんてよくある話。飛行機が飛ぶと画面が乱れるなんてこともあった。

そんな時代を経験してきたからか、アナロ熊にはどうしても肩入れしたくなる。しかし、「新人様はとっても凄い ドエライ画質で攻めてくる」の地デジカに、アナロ熊が勝てるわけがない。アナログマは所詮、2011年7月の地上波テレビ・アナログ放送終了とともに絶滅する運命にある。これは妙に寂しい。ひょっとしたら、アナロ熊の絶滅が、著作権ゴチゴチで「二次使用を認めない」などと宣言する時代遅れの連中に対する敗北に思えてしまうからかもしれない。

著作権に関しては、地デジカの方が時代遅れで、アナロ熊の方が最先端というのは、何とも皮肉な話だ。……てなことで、ここで「アナロ熊のうた」の動画を2つどうぞ。

アナロ熊のうた / koushirou inspired by アナロ熊

アナロ熊のうたにアニメつけてみた


コネタマ参加中: 「地デジカ」vs「アナロ熊」、どっちが好き?

人気ブログランキングへ

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ