2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

マット・ハーディング(Matt Harding)の「世界は踊る」!(2012年)

マット・ハーディング:Where the Hell is Matt? 2012 マット・ハーディングMatt Hardingさんの「世界は踊る」をUPしたのは2008年7月20日のこと。気がつくと、2012年6月20日に第四弾が公開されていた。第四弾は、55カ国71カ所でロケしたもの。ロケ地としては、平壌、ガザ、イラク、ジンバブエ、モンゴルなど、おっ!てな場所も登場する。マットさんのダンスも、各国の伝統を取り入れてかなり上達した感じだ。

今回の曲はやはりギャリー・シャイマンGarry Schymanで、「Trip the Light」。歌はアリシア・レムケAlicia Lemkeで、伸びやかな歌声が清々しい。いつもながら癒される動画だ。


Where the Hell is Matt? 2012



2013年3月28日 (木)

オーロラ写真集

2010.9.17 ノルウェー・トロムソ(Tromsø)のオーロラ(Aurora)

2013.3.17 アイスランド・クレイヴァルヴァトン湖(Kleifarvatn)のオーロラ(Aurora)

2013.3.16 アメリカ・アラスカ州ワイズマンクリークの「オーロラ爆発」



2013年3月23日 (土)

追悼米長邦雄永世棋聖!第2回将棋電王戦第1局は阿部光瑠四段が勝利!

電王戦の先鞭をつけた米長邦雄永世棋聖 米長邦雄永世棋聖の最後の激戦は、コンピュータ将棋ボンクラーズとの対戦だった。名手△6二玉から、序盤抜群の指しまわしを見せたものの113手で敗北。「私が弱いから」という敗北の弁は、さわやか流泥沼流・米長邦雄そのものだった。

米長永世棋聖の著『われ敗れたり』には、「ボンクラーズ」戦の詳細がつづられている。勝負前、奥さんから「あなたはいま若い愛人がいないはずですそれでは勝負に勝てません」と言われたエピソードなど、興味深い内容が多く書かれているが、その書からいくつか名言を抜き出してみよう。

もし許されるのであればもう一度……
相手のほうが強いことを認め
勝つための対策を練る
負けた理由を一言でいえば
私が弱かったから
本当の勝利者はこの対局を見てくださった方たち
盤上の駒のことを悪くいうのは
あまりにもかわいそうだ

相手にとって重要で、自分の成績には無関係な一局にこそ、全力を尽くさなければならない」という米長哲学をはじめとして、米長永世棋聖のエピソードは尽きることがないが、ここで「追悼 米長邦雄永世棋聖」としてまとめてみよう。

第2回将棋電王戦第1局は、阿部光瑠(こうる)四段が「習甦(しゅうそ)」に113手で快勝! さて2013年3月23日、第2回将棋電王戦第1局が行われ、阿部光瑠四段が「習甦(しゅうそ)」に113手で快勝!奇しくも、この日は米長先生の百ヶ日法要があり、手数も米長先生と同じ113手、米長玉の出現!と、米長先生に導かれているとしか思えない結果であった。

阿部四段はインタビューで、「盤の前に座ると楽しく指すことができた。強いソフトに勝つことができてうれしい」と笑顔を見せた。昼食には、うな重の松とマグロづくし・・・う~ん大物だ。

今後の電王戦が楽しみだが、最後に米長永世棋聖の言葉で締めくくろう。

勝利の女神は正しいか否かよりも笑いがあるか謙虚であるかどうかを重視している。――米長邦雄『運を育てる



2013年3月20日 (水)

東日本大震災、世界のみなさんありがとう集



2013年3月19日 (火)

米長邦雄:惜福

米長邦雄永世棋聖が揮毫する「惜福(せきふく)」 米長邦雄永世棋聖が揮毫する言葉に「惜福」がある。その著『運を育てる』第三章は、『「惜福で生きる』と題して、源義経司馬仲達の三者に慧眼を働かせる。その後に取り上げられるのが「惜福」である。

惜福」について、米長先生は『「惜福」とは、文字どおり福を惜しむことで、自分に訪れた幸福のすべてを享受してしまわず、後に残しておくという意味である』と言い、幸田露伴の『努力論』を引用する。

倹約や吝嗇を惜福と解してはならぬ、すべて享受し得べきところの福佑を取り尽さず使い尽さずして、之を天と云おうか将来といおうか、いずれにしても冥々たり茫々たる運命に預け置き積み置くを、福を惜むというのである。

露伴の名文とともに染みわたる「惜福」、心しなければならない言葉だ。



2013年3月16日 (土)

カーライル:順境によく耐えうる人一人に対して、逆境に耐えられる人は百人もあろう。

米長邦雄永世棋聖の書『運を育てる』に、カーライルの名言が載っている。

逆境はときに人間にとってつらいことがあるしかし順境によく耐えうる人一人に対して逆境に耐えられる人は百人もあろう

Adversity is sometimes hard upon a man; but for one man who can stand prosperity, there are a hundred that will stand adversity.

確かに、いけいけドンドン、周りが盛り上がっているまたは舞い上がっているとき、その中にあって冷静に状況を見つめ、正確な判断をすることは難しい。甘い誘いをかけられて、心を動かさないことは難しい。

米長先生は、バブルのときを例に出しながら「中原さんは、馬鹿になるむずかしさを「順境に耐えうる人一人」と言いたかったのにちがいない」と書いておられるが、この「馬鹿になる」というのも深みのある言葉だ。



2013年3月15日 (金)

深沈厚重なるは、これ第一等の資質。

米長邦雄永世棋聖の書『運を育てる』に、『呻吟語』の一節が載っている。

呻吟語』は、中国明代の儒学者である呂新吾の著だが、以下の一節は安岡正篤が『呻吟語を読む』で取り上げたことでも有名である。

深沈厚重(しんちんこうちょう)なるはこれ第一等の資質
磊落豪雄(らいらくごうゆう)なるはこれ第二等の資質
聡明才弁(そうめいさいべん)なるはこれ第三等の資質

「どっしりと落ち着いて深みのある人物、これが第一等の人物である。細事にこだわらない豪放な人物は第二等、頭が切れて弁の立つ人物は第三等である」――確かにこれは至言だ。まだまだ至らないが、目標としたいところである。



2013年3月12日 (火)

太陽系惑星の公転軌道を動画で再現!


2013年3月 5日 (火)

グーグルアース原口一博、今度は「未来に行って原発事故を見た」と厨二病全開!


原口一博氏反論 「グーグルアース」発言で

原口一博「俺のグーグルアース」 原口一博「グーグルアースでOK牧場!」


2013年3月 4日 (月)

与沢翼さんのビジネス感覚に脱帽!

与沢翼:秒速で1億円稼ぐ条件 与沢翼さんと言えば、今年1月に総額3800万円かけた「JR広告ジャック」が思い出される。その書、『秒速で1億円稼ぐ条件』には、「秒速かよ・・・」と本当に度肝を抜かれた。

ネオヒルズ族の動画を見ると、与沢さんのビジネス感覚に恐れ入る。妬み嫉みといった低次元の感情を離れてみるならば、そのビジネス感覚には学ぶところが多い。

当然のことだが、いろいろと話題の多い人だ。今度は「与沢翼の再来!」まで現れたのだから、どうしても注目せざるを得ないのだ。


たった2カ月で月商3,500万円!与沢翼の再来か、やしろひろたみ!

たった2ヶ月で月商3,500万円! 2013年、早くも今年最強のビジネスモデルを発掘! これが与沢翼の再来だ!



2013年3月 3日 (日)

コップの中のネコ、そしてネコ画像集=^ェ^=


Кошко в вазе, cat in a vase

ネコ画像:でもそんなの関係ねぇ・・・ふるっ=^ェ^=



2013年3月 1日 (金)

太陽に火の鳥?

太陽に火の鳥?・・・2013年2月20日午前7時48分、太陽観測衛星NASASOHOの写真だ。

太陽に火の鳥?2013年02月20日 07:48 NASA SOHO (太陽観測衛星) LASCO C2の元写真 太陽に火の鳥?2013年02月20日 07:48 NASA SOHO (太陽観測衛星) LASCO C2の“火の鳥”拡大写真

確かに、“鳥のようなもの”が写っている。ひょっとして、飛鳥昭雄が『失われた天空のピラミッド「ラピュタ」の謎』で取り上げている、太陽コロナの中を公転する空飛ぶピラミッドラピュタの一種か、などと妄想してしまう。

しかしよく考えると、その大きさが問題。太陽の周辺にあってこの大きさだとすれば、地球などより遥かに大きなものになってしまう。ということは、この“火の鳥”はかなり太陽から離れており、太陽観測衛星SOHOの方向にあったと考えるのが普通だ。

となると、やはり“火の鳥”といったモノではなく、NASAが「画像データが太陽の磁場や宇宙線に影響される」と言うように、「何らかのデータの損傷」という可能性が強くなる。・・・しかし、「太陽に火の鳥!」といったロマンがあった方いいようにも思ったりもするのだが。。。



« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ