2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 女の子のイギリス地図とルイズのイギリス新国旗 | トップページ | リンク切れ御免の我龍メモパッド(2011年9月) »

2011年9月25日 (日)

日本車の技術の高さと不良品ジョーク

マツダ・デミオ スカイアクティブ 日本車の技術はすごい!ハイブリッド(低燃費車)や電気自動車技術の7割は日本のメーカーが特許を握っている」というように、ハイブリッドでは他の追随を許さない。それだけではなく、マツダのデミオスカイアクティブダイハツの軽自動車ミライースが、ガソリン車なのにリッター30kmという驚異の低燃費を達成している。

お笑い韓国車!BBCが韓国車の実態を暴露!」でも触れたが、日本の技術力の高さは有名である。そんな日本の技術の高さを表したジョークを2つ。1つは『世界の日本人ジョーク集』に載っていたもの、もう1つはこちらに英語の原文がある。

不良品

 あるアメリカの自動車会社が、ロシアと日本の部品工場に以下のような仕事の発注をした。

「不良品は1000個につき1つとすること」

 数日後、ロシアの工場からメールが届いた。
「不良品を1000個に1つというのは、大変困難な条件です。期日にどうしても間に合いません。納期の延長をお願いします」

 数日後、日本の工場からもメールが届いた。それにはこう書かれていた。
「納期に向けて作業は順調に進んでおります。ただ、不良品用の設計図が届いておりません。早急に送付してください」

日本の品質基準

 IBMでいまだにお笑い種となっている日本製品のエピソードがある。

 どうやらコンピュータの巨人IBMは、トライアルとしてある部品を日本で製造することに決めたようだ。仕様書には、1万個につき3個の不良品は許容されると設定した。

 その部品が納品されたとき、そこには次のような手紙が添付されていた。

「私ども日本人は、北米のビジネス慣習を理解するのに苦労いたしました。とはいえ、1万個につき3個の不良品は別個に製造し、送付品に同梱してあります。これでご満足いただけるとよいのですが」



人気ブログランキングへ

« 女の子のイギリス地図とルイズのイギリス新国旗 | トップページ | リンク切れ御免の我龍メモパッド(2011年9月) »

日本がイチバン!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/41867304

この記事へのトラックバック一覧です: 日本車の技術の高さと不良品ジョーク:

« 女の子のイギリス地図とルイズのイギリス新国旗 | トップページ | リンク切れ御免の我龍メモパッド(2011年9月) »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ