2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 民主党売国奴全開で、日本はカルタゴの轍を踏むのか? | トップページ | 青山繁晴、福島第一原発事故を解説! »

2011年3月22日 (火)

尾崎豊:Forget-me-not

尾崎豊:壊れた扉から(THROUGH THE BROKEN DOOR) 尾崎豊の「Forget-me-not」は、3作目のアルバム「壊れた扉からTHROUGH THE BROKEN DOOR」に収録されている曲。曲がなかなか完成せず、アルバム締め切り日の朝にギリギリ完成したといわれている。

忘れな草・勿忘草(Forget-me-not) 忘れな草Forget-me-notは、中世ドイツの悲恋伝説にちなむ。騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。最後の力を尽くして花を岸に投げたルドルフは、「Vergiss-mein-nicht!僕を忘れないで)」という言葉を残して死ぬ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にしたという。

その伝説から、この花は「Forget-me-not」「忘れな草勿忘草)」と命名され、「私を忘れないで」「真実の愛」という花言葉が付与される。忘れな草というと、ドロレス・ケーンが「Sweet Forget Me Not」を歌っていたのも思い出す。

ところで尾崎豊の「Forget-me-not」。この圧倒的な存在感は何だろう…

初めて君と出会った日 僕はビルのむこうの
空をいつまでも さがしてた
君がおしえてくれた 花の名前は
街にうもれそうな 小さなわすれな草


尾崎豊 : Forget-me-not ('87有明) CD ver

人気ブログランキングへ

« 民主党売国奴全開で、日本はカルタゴの轍を踏むのか? | トップページ | 青山繁晴、福島第一原発事故を解説! »

音楽あれこれ(日本)」カテゴリの記事

コメント

ちっぽけな自分を自覚したとき、そこから新たな人生が始まる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/39316169

この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎豊:Forget-me-not:

« 民主党売国奴全開で、日本はカルタゴの轍を踏むのか? | トップページ | 青山繁晴、福島第一原発事故を解説! »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ