2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« つば九郎、大幅増の年俸8960円で契約更改! | トップページ | ひろゆき:ホントに命を懸けるべきことは世の中には無い。 »

2010年12月20日 (月)

地球の反対側で同じ警官に切符を切られたドライバー

久々にコネタマに参加するわけですが、2010年の一番印象に残ったニュース・・・って、まずは入れ墨見せて小四女児から500円を脅し取った58歳無職男! 間違いなくこいつが今年最強のクズ!であることは間違いないでしょう。

でも今回取り上げるのは、海外でのお話・・・地球の反対側で同じ警官に切符を切られたドライバー! ぃゃぁ、袖振り合うも多生の縁といいますが、何と縁のあるお二人でしょうか。もう「ケコーンしる」の世界ですね。・・・てなことでニュースを引用。

地球の反対側で同じ警官に切符を切られたドライバー

【12月8日 AFP】英ロンドン(London)でスピード違反で違反切符を切られた運転手が、2年後に南半球ニュージーランドで、同じ警官にまたスピード違反で捕まった

 現地紙ニュージーランド・ヘラルド(New Zealand Herald)によると、英国に住んでいたアンディ・フリットン(Andy Flitton)巡査2年前、ロンドンでスピード違反の運転手を取り締まった

 その後、フリットン巡査はニュージーランドへ移住し、また交通警官として勤務していたが、この9月に南島のハイウェイで、2年前に会ったこの運転手をまたスピード違反で捕まえた。最初は気づかなかったが、違反切符を書いている時、運転手に言われて思い出したという。

彼に、ロンドンで働いていなかったかと聞かれたんで、イエスと答えた。すると彼は、ノースロンドンのA5号線で私がスピードガンを使って取り締まりをしていなかったかと聞くんだ。だから、それもイエスと答えたら、『だと思った。この前切符を切られたのは2年前、あなたにもらったんだよ』と言われたんだ

 運転手は、「宿敵」がいるとはつゆ知らず、2週間前にニュージーランドへ引っ越してきたばかりだったという。

 フリットン巡査は、「何か縁があるにちがいない。人生で2回だけ交通違反を犯して、2回とも同じ警官から切符をもらうなんて。世界は狭い、の典型だね」と述べた。


ブログネタ: 2010年、一番あなたの印象に残ったニュースは?参加数拍手

人気ブログランキングへ

« つば九郎、大幅増の年俸8960円で契約更改! | トップページ | ひろゆき:ホントに命を懸けるべきことは世の中には無い。 »

雑学いろいろ」カテゴリの記事

コメント

地球の反対側で同じ警官に切符を
切られたドライバー

凄い偶然ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/38151149

この記事へのトラックバック一覧です: 地球の反対側で同じ警官に切符を切られたドライバー:

« つば九郎、大幅増の年俸8960円で契約更改! | トップページ | ひろゆき:ホントに命を懸けるべきことは世の中には無い。 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ