2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

ポップコーンハムスターとドアに立ち向かうハムスター


ポップコーンハムスター (ニコ動)


ドアに立ち向かうハムスター

人気ブログランキングへ

2010年8月27日 (金)

レッド・ツェッペリン:死にかけて(In My Time of Dying)

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin) レッド・ツェッペリンのライブ・パフォーマンスで最も気に入っているのが、1975年5月アールズ・コートの「死にかけてIn My Time of Dying」だ。

死にかけて」は、レッド・ツェッペリンフィジカル・グラフィティPhysical Graffiti』の中に収録された10分を超える大作。元々はトラディショナルなゴスペル・ナンバー「Jesus Make Up My Dying Bed」で、歌詞は1927年にレコーディングされたブラインド・ウィリー・ジョンソンの同曲を基にしている。この曲は、ボブ・ディランのデビュー・アルバム『ボブ・ディランBob Dylan』にも収録されているが、そのとき曲名が「In My Time of Dying」に改名され、ツェッペリンもそれに倣ったようだ。

死にかけて」は元がトラッドとは思えないほど、ツェッペリン流にアレンジされている。『フィジカル・グラフィティ』で、そのパワフルさは特筆すべきだろう。

アールズ・コートの「死にかけて」だが、まずロバート・プラントが元気なのがうれしい。このアルバムの前年に喉の手術をしていたことを微塵にも感じさせないほど、そのボーカルは魅力的だ。次にジョン・ボーナムのドラムだが、レコードでは「レヴィー・ブレイク」と同様のレコーディング方法で録音されたというそのパワーが目立つ。そしてそこにジョン・ポール・ジョーンズのベースが激しく絡む。ジョンジーが激しくベースを奏でるとき、ボンゾはバックに回るような感じになるのが、この演奏の妙というところか。

そしてジミー・ペイジだ。ボンゾとジョンジーに触発されたのだろうか。ボトルネックを狂乱的に奏でるその様は、まさに「1970年代のパガニーニ」。このライブ・アクトのボトルネックは蠱惑的で、そのテンションは驚愕ものだ。

レコードでは、最後にボンゾが咳払いしてこう言う――
That's gotta be the one, hasn't it ?最高だろ?


Led Zeppelin : In My Time Of Dying (Live)



人気ブログランキングへ

2010年8月25日 (水)

中国が日本挑発!軟弱日本防衛について青山繁晴が解説!


たけしのTVタックル・日本の防衛について青山繁晴氏がコメント

人気ブログランキングへ

2010年8月18日 (水)

ラッセ・イェルツェン「Consoul(コンソウル)」のファミコン風人生に輪廻のニヒリズムを見る!

ラッセ・イェルツェン「Consoul(コンソウル)」のファミコン風人生に輪廻のニヒリズムを見る! ファミコン風8ビットで人生を描き出したConsoulコンソウル――作者は「Hyperactiveたまらない活発さ」「Amateur素人」「ジョヴァンニ・ソッリマの白昼夢」を作った鬼才ラッセ・イェルツェン(Lasse Gjertsen)! ここ我龍待合室では「ラッセ・シンドローム」など、何度も取り上げているのでお馴染みのところ。

タイトルのConsoulコンソウル)」は、ゲーム機の「コンソール(console)」にの「ソウル(soul)」を引っ掛けたもの。まさにゲームのように人生が展開して・・・ゲームオーバー、そして転生リプレイ平凡な人生か、ロックスターのようなハデな人生か、いずれにしてもやがてはConsoulは、輪廻のニヒリズムを強く匂わせるラッセ・イェルツェンの秀作だ。


Consoul (Lasse Gjertsen 2009)

人気ブログランキングへ

2010年8月17日 (火)

ハートの錯視画像と錯視動画

ハートの錯視画像1

緑のハート青のハート?拡大してみましょう。。。

ハートの錯視画像2(拡大してみる)

…てなことで、錯視動画3つどうぞ。


目の錯覚やだまし絵を集めてみました。





人気ブログランキングへ

2010年8月13日 (金)

東京ヤクルト・スワローズは小川淳司監督でメイクミルミルだ!

東京ヤクルト×巨人15回戦、 青木宣親が9回起死回生の同点弾を放つ! 東京ヤクルト・スワローズが巨人を神宮で三タテ! 2002年8月以来、8年ぶりの9連勝を飾った。この時点で、小川淳司監督代行が指揮を執るようになった5月27日以降の53試合は、34勝18敗1分けの快進撃! 勝率.654、貯金16は、巨人の今季勝率.564、貯金13を上回っている。

この三タテを決定づけたのは、東京ヤクルト対読売15回戦での青木宣親・9回起死回生弾だろう。2回一死二、三塁では村中がカウント0-3から簡単に三邪飛、8回は二走の福地が判断ミスで本塁憤死と、ヤクルトの悪い流れを変えたのは、まさに青木の同点弾!これがサヨナラ押し出し死球を呼び、流れに乗って「ヤクルト、巨人を三タテ!」といった次第。お見事です。

このヤクルトの連勝は、何と言っても小川監督代行の力によるところが大きい。「小川監督代行快進撃に困ったフロント CS進出ならクビにできない!?」から引用してみる。

 指揮官次第で、これほど組織は変わるのか? そこには小川代行の人柄と実行力がある。

 2軍監督を9年務めていた小川代行はマジメな人柄で気配りができ、選手から慕われているこの日の巨人戦では、左腕の内海に対し4試合ぶりにスタメン起用した3番の飯原が先制とダメ押しの2ラン2発を放つ大暴れ一貫して「結果」と「相性」を重視する姿勢は、選手らを納得させている

 「高田監督は起用法がむちゃくちゃで、“えっ、なんでこの選手がここで出るの?”ということが多々あった。小川さんは役割分担をキッチリするから、控えの選手も準備がしやすい。だから途中から出ていった選手が結果を出しているんだと思う」とある主力選手。

 また別の関係者は、「チームの雰囲気がよくなった。たとえば青木でも、高田さんから『守備がダメ。打つことしか考えてない』とケチョンケチョンに言われていたからね。今はノビノビやっているよ」という。

 会社に置き換えれば、部下のやる気も、上司の人間性とブレない言動次第ということか。

名選手必ずしも名監督ならず――それは、阪急・近鉄西本監督阪急上田監督を見れば明らかだ。ヤクルト・フロントは荒木大輔にこだわるべきではない小川淳司監督でどうして悪いんだ!と、ワシは思ってしまう。もっとも小川というと、ワシは代打で結構活躍していたという印象が強いのだが、やはり名選手と言えないことは事実だろう。しかし、小川淳司に名監督の気風を感じるのは、ワシだけではないはずだ。

8月13日も阪神に勝って、東京ヤクルト・スワローズ1997年6月以来となる13年ぶりの10連勝を達成。これも小川監督代行あってのことだろう。小川監督でメイクミルミル!ヤクルト・スワローズから目が離せなくなってきた。

関連記事

人気ブログランキングへ

2010年8月 8日 (日)

キティちゃんは大いそがし!仕事を選ばないキティちゃんの大活躍!

キティちゃん大いそがし!仕事を選ばないから、どこでもここでも出張します。

キャラクターグッズアクセサリーから始まって、楽器電車飛行機ゴルフタイヤ自動小銃、果てはバッティングセンターで140キロ!、そして「笑っていいとも」でタモリにイジられる!

そんなキティちゃんのお仕事のごく一部を取り上げてみましょう。

キティちゃんのストラトキャスター キティちゃんのフェラーリ

キティちゃんとゴルフ キティちゃんタイヤ キティちゃんルービックキューブ

キティちゃんのカラシニコフ キティちゃんの自動小銃1 キティちゃんの自動小銃2


140km/hを投げるキティちゃん 2   


「笑っていいとも」ゲスト・キティちゃん(hello kitty) 1 

人気ブログランキングへ

2010年8月 5日 (木)

ダルビッシュ有:他人と比較しても良い事はほとんどない

ダルビッシュ有名言は、ツイッターの松茸の話題で発せられたもの。

他人と比較しても良い事はほとんどないこんな事書く時間があるなら自分が成長するための時間に使って欲しい

このダルビッシュの名言は、カッコイイクールなだけではない。努力結果に裏打ちされた確信がここにはある。弱冠20代のダルビッシュに圧倒されるのは、ワシだけだろうか。

ダルビッシュ有:他人と比較しても良い事はほとんどない。こんな事書く時間があるなら自分が成長するための時間に使って欲しい。

ダルビッシュ有 “軌跡” ~Keep the faith~ [DVD]

新品価格
¥8,738から
(2012/4/11 16:07時点)



人気ブログランキングへ

2010年8月 1日 (日)

デスワルツ(Death Waltz)、三たび:デスワルツの生演奏を

John Stump:String Quartet No. 556(b) for Strings In A Minor (Motoring Accident) cover デスワルツDeath Waltzについて、ここ我龍待合室には、

という二つの記事がある。ここで言う「デスワルツ」とは、アイオンO.S.Tの「デスワルツでもなく、ジェイ・ブラナンJay Brannan)の「デスワルツでもなく、ジョン・スタンプの「デスワルツ妖精のエアと死のワルツ)」だ。

最初の記事「デスワルツDeath Waltz」は「デスワルツ」の言葉を全部訳すという労作で、次の記事「デスワルツDeath Waltz、再び」はニコニコ動画の動画を紹介するという企画だったが、今回は「デスワルツ」を実際に生演奏している動画を取り上げたい。演奏はCSMTAColorado State Music Teachers Associationによるもので、ピーナッツ爆薬点火プレイボールムーンウォークアヒルなどを演じるまさに大劇団の様相には見事なものがある(…本当に再現しようとしたらこうなってしまうのだな)。

ではデスワルツ」の生演奏動画をどうぞ。あとデスワルツ関連動画もリンクさせておこう。

CSMTAによる「デスワルツ」生演奏 "Faerie's Aire and Death Waltz" presented by CSMTA



人気ブログランキングへ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ