2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 中国の「和諧」は日本の「友愛」! | トップページ | ちょっと泣かせる動画・・・「お父さんのチャーハン」 »

2010年3月25日 (木)

パナソニックとサムスンの3Dテレビはここが違う!

モナーはキムチに支配された日本の実態を見た! ソニーがサムスンに負けただの云々の話があったが、ケンチャナヨ建築をはじめとする「ケンチャナヨま、いっか」の韓国製品など信用できない。それを証明するのが、次の「パナソニックとサムスンの3Dテレビの比較」動画だ。

画像鮮明。寝転がって見ても問題なし。部屋のどの角度から見ても問題なし。黒の表示も素晴しい」というパナソニック・50インチ・プラズマに対して、「メガネをかけても2重に見え、3D画像に見えない。寝転がってみると画面がだんだん黒く~真っ黒になり、カウチで寝ころんで見る人には問題。斜めから見ると白っぽく見える。黒いはずの部分でも灰色になってる」というのがサムスン・40インチ・液晶2機種

売国メディア反日マスコミがどんなに韓国マンセーを煽っても、それに惑わされないようにしたいものだ。


パナソニックとサムスンの3Dテレビの比較(3D TV Tests Continue at Consumer Reports)



人気ブログランキングへ

« 中国の「和諧」は日本の「友愛」! | トップページ | ちょっと泣かせる動画・・・「お父さんのチャーハン」 »

シナチョンにご用心!」カテゴリの記事

コメント

しかし、それでもサムスン製の方が売れちゃったりしちゃいそうで恐い。
村上福之氏が松下でのSD-AUDIO開発時代の話をブログで取り上げていたが、要は松下がデータ保持や著作権保護に金と技術をつぎ込んだ一方で、結局市場で売れたのはデータが消えやすく、著作権無視上等の韓国製MP3プレイヤーやiPodだったと。松下とすれば、そんな性能のものは発売できないという考え方であったが、ipodの中身を見たら衝撃対策などはゴムが挟んであっただけだったとか。高性能ならば勝てるという考え方自体が既に通用しなかったと。さて3Dテレビではどちらに軍配があがるかね。

Aさん、コメントありがとうございます。
「サムスン製の方が売れちゃったりしちゃいそう」って、確かにありそうですね。それでも日本としては技術を追求して頑張ってほしいものですね。

誰かが見とる
日本はひたすらええもん作っとりゃええのんちゃいまっか

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/33935709

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックとサムスンの3Dテレビはここが違う!:

« 中国の「和諧」は日本の「友愛」! | トップページ | ちょっと泣かせる動画・・・「お父さんのチャーハン」 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ