2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« イエス:危機(Close to the Edge) | トップページ | マイク・オールドフィールド:チューブラー・ベルズからインカンテイションズ »

2009年9月28日 (月)

ピンク・フロイド:おせっかい(Meddle)

ピンク・フロイド(Pink Floyd):おせっかい(Meddle) ピンク・フロイドと言えば、ワシは『狂気The Dark Side of the Moon』をあまり評価しない人なのだ。もちろん、「虚空のスキャット(The Great Gig in the Sky)」「狂人は心に(Brain Damage)」などの「狂気」のテーマはいいし、「タイム(Time)」は名曲だと思うし、「本当は月の暗い側なんて存在しないんだよ。なぜなら、すべてが闇そのものだからね」という台詞などは特筆すべきだと思うのだが、『狂気』にはピンク・フロイドが持つ独特な広がりが乏しいから、あまり評価しなくなってしまうのだ。

やはり「狂気」をテーマにした『炎~あなたがここにいてほしいWish You Were Here』は、シド・バレットに捧げた内省的なアルバムだが、このアルバムの方が“広がり”があってワシは好きだ。しかし、このアルバムはピンク・フロイドの“この一枚”として選ぶには物足りない。

アニマルズAnimals』『ザ・ウォールThe Wall』は、それぞれ曲は好きだし、「ザ・ウォール」の映画も面白く観たのだが、やはり類型的で陳腐な世界認識に辟易してしまう。ピンク・フロイドはそもそも、だれもが持っている内面の狂気に目を向けることで、独自の世界を構築してきたわけで、そうした意識を外側に向けて、薄っぺらな現実認識・世界観に陥って失速してしまったのは、無惨としか言いようがない。この点、ジェネシスの『眩惑のブロードウェイThe Lamb Lies Down On Broadway)』は、意識を内側に向けて成功しているわけで、非常に対照的だと思ってしまう。

てなことで、ピンク・フロイドの“この一枚”ってとき、ワシが選ぶのは『おせっかいMeddle』。

Meddle」とは、「Medal(何かを達成したときに得られるもの)」と「Meddle(干渉・邪魔するもの)」を掛けているようだが、そのサウンドは二元的相克が止揚していく感じがしないでもない。ブッチャーやシンを思い出させる(…いやいや)「吹けよ風、呼べよ嵐One of These Days」で始まり、アコースティックな曲を経て、名作「エコーズEchoes」に至る流れはさすがとしか言いようがない。

ということで、ワシはおせっかいにも『おせっかい』をピンク・フロイドの“この一枚”に選ぶのであった。

人気ブログランキングへ

« イエス:危機(Close to the Edge) | トップページ | マイク・オールドフィールド:チューブラー・ベルズからインカンテイションズ »

ロックンロールまんだら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/31558640

この記事へのトラックバック一覧です: ピンク・フロイド:おせっかい(Meddle):

« イエス:危機(Close to the Edge) | トップページ | マイク・オールドフィールド:チューブラー・ベルズからインカンテイションズ »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ