2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

マイク・オールドフィールド:チューブラー・ベルズからインカンテイションズ

マイク・オールドフィールド(Mike Oldfield):チューブラー・ベルズ(Tubular Bells) マイク・オールドフィールドについては、思い入れの強さからかなかなか筆が進まなかったが、『チューブラー・ベルズTubular Bells』から『インカンテイションズIncantations』の初期4部作について書いてみようと思った次第。

1973年にヴァージン・レコード第1弾として発売されたマイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』は、まさに衝撃的だった。若干19歳のマルチプレーヤーが、十数種類もの楽器を一人で録音し、デジタル機器もない時代に2300回に及ぶオーバーダビングを繰り返して1年余りかけて完成させた作品。7/8拍子、8/8拍子で奏でられる印象的なイントロは、ウィリアム・フリードキン監督が「今最も新しい音楽だ」として、映画『エクソシスト』のテーマ曲に使用された。それがまた『チューブラー・ベルズ』の知名度を高めることになり、結局全世界で1700万枚も売れる超ベストセラーアルバムとなった。

チューブラー・ベルズ』のジャケット・デザインも印象的だった。トライアングルのように、ぐにゃりと曲がったチューブラーベル・・・これは何だ!と最初思った。とても楽器には見えなかったのだ。その後、「ポップス・イン・ピクチャー」で「チューブラー・ベルズ」のライブが放送されたとき、チューブラー・ベルズが実はNHKのど自慢のキンコンカンの鐘だったことに気づいて愕然としたことを思い出す(笑

超完璧主義者のマイク・オールドフィールドは、1992年から『チューブラー・ベルズ』を何度も作り直すことになるが、今回はそこには立ち入らない。いずれにせよ、『チューブラー・ベルズ』がプログレッシブ・ロックの新たな地平を開いたことは間違いない。

チューブラー・ベルズ』が好きだという友達に聞くと、決まって聞かれるのが「パート1よりパート2の方が好きだ」という意見。ワシもそうなのだが、特に「Peace」と「Bagpipe Guitars」のところがいい。このあとのアルバムのモチーフにつながっていくということで、マイク・オールドフィールドにとって重要な曲となっている「チューブラー・ベルズパート2)」の「セイラーズ・ホーンパイプThe Sailor's Hornpipe」をちょっとここで。

 ♪「The Sailor's Hornpipe」を聴いてみる。

チューブラー・ベルズ』から約1年後、1974年に発表された『ハージェスト・リッジHergest Ridge』は、フォーク、トラッド、ケルト音楽などを取り入れ、牧歌的空間を創り出している。ストリングスを取り入れるなど、音楽的な試みはいろいろと見られるものの、いろんなメロディーがコラージュ然としている『チューブラー・ベルズ』と比べると、『ハージェスト・リッジ』は平板で作り込み不足の印象は否めない。しかし音楽としてはいいし、“作り込み不足”と言っても他のアーティストから見れば驚異的なのだが、『チューブラー・ベルズ』と比較されてしまうのが悲しいところだ。

そして1975年に発表された『オマドーンOmmadawn』、“胎内回帰”をテーマとするまさに傑作アルバムだ。「胎内回帰をテーマ」というのは、ワシの感覚にすぎないのだが、「胎内回帰」ほどこの『オマドーン』を表す言葉もないと思う。懐かしい過去にいざなうトラッドの音色。原初の子守歌のように響く女性ヴォーカル。挿入されるアフリカン・ドラムは、まさに母胎の鼓動だ。そしてイギリス民謡「オン・ホースバックOn Horseback」での子供の歌声。心地よい揺りかごにゆられていく印象がある。

オマドーン』の構成は『チューブラー・ベルズ』に近いが、コラージュ然としている『チューブラー・ベルズ』と比較すると、『オマドーン』はかなり完成された印象を持つ。音楽的にも、当時珍しかったアフリカンドラムを導入したり、チーフタンズパディ・モローニによるイーリアン・パイプが加わったりと、かなり意欲的だ。そして見落とすことができないのは、サリー・オールドフィールドらによる女性ヴォーカル。やはり女性ヴォーカルがマイク・オールドフィールドのキーポイントなのだ。

オマドーン』から3年、1978年に発表された『インカンテイションズ呪文』――それはまさに「プログレ交響曲」とも言うべき傑作アルバムだ。この『インカンテイションズ』は、オーケストラと合唱団を担当したデビッド・ベッドフォードの協力が欠かせないが、マイク・オールドフィールドがじっくりと作り込んだ芳醇な香りに満たされている。そして注目すべきは、前面にフィーチャーされたマディ・プライアーをメインとする女性ヴォーカルだろう。女性ヴォーカルの色合いが、ケルトの森の奥から深海の叙情をたたえて響いてくる。この『インカンテイションズ』こそ、まさに初期マイク・オールドフィールドの「終着の浜辺」と言える。



人気ブログランキングへ

2009年9月28日 (月)

ピンク・フロイド:おせっかい(Meddle)

ピンク・フロイド(Pink Floyd):おせっかい(Meddle) ピンク・フロイドと言えば、ワシは『狂気The Dark Side of the Moon』をあまり評価しない人なのだ。もちろん、「虚空のスキャット(The Great Gig in the Sky)」「狂人は心に(Brain Damage)」などの「狂気」のテーマはいいし、「タイム(Time)」は名曲だと思うし、「本当は月の暗い側なんて存在しないんだよ。なぜなら、すべてが闇そのものだからね」という台詞などは特筆すべきだと思うのだが、『狂気』にはピンク・フロイドが持つ独特な広がりが乏しいから、あまり評価しなくなってしまうのだ。

やはり「狂気」をテーマにした『炎~あなたがここにいてほしいWish You Were Here』は、シド・バレットに捧げた内省的なアルバムだが、このアルバムの方が“広がり”があってワシは好きだ。しかし、このアルバムはピンク・フロイドの“この一枚”として選ぶには物足りない。

アニマルズAnimals』『ザ・ウォールThe Wall』は、それぞれ曲は好きだし、「ザ・ウォール」の映画も面白く観たのだが、やはり類型的で陳腐な世界認識に辟易してしまう。ピンク・フロイドはそもそも、だれもが持っている内面の狂気に目を向けることで、独自の世界を構築してきたわけで、そうした意識を外側に向けて、薄っぺらな現実認識・世界観に陥って失速してしまったのは、無惨としか言いようがない。この点、ジェネシスの『眩惑のブロードウェイThe Lamb Lies Down On Broadway)』は、意識を内側に向けて成功しているわけで、非常に対照的だと思ってしまう。

てなことで、ピンク・フロイドの“この一枚”ってとき、ワシが選ぶのは『おせっかいMeddle』。

Meddle」とは、「Medal(何かを達成したときに得られるもの)」と「Meddle(干渉・邪魔するもの)」を掛けているようだが、そのサウンドは二元的相克が止揚していく感じがしないでもない。ブッチャーやシンを思い出させる(…いやいや)「吹けよ風、呼べよ嵐One of These Days」で始まり、アコースティックな曲を経て、名作「エコーズEchoes」に至る流れはさすがとしか言いようがない。

ということで、ワシはおせっかいにも『おせっかい』をピンク・フロイドの“この一枚”に選ぶのであった。

人気ブログランキングへ

2009年9月27日 (日)

イエス:危機(Close to the Edge)

イエス(Yes)「危機(Close to the Edge)」 その日はわくわくして帰ったことを覚えている。イエスの『危機Close to the Edge』を買った日のことだ。

初めて聴いたイエスのアルバムは『こわれものFragile』。これでイエスが好きになっていたし、『Close to the Edge』はイエスの最高傑作と言われていたので、もうその期待感たるや相当なものだった。結局のところ、この『Close to the Edge』は、ワシが高校時代に一番聴いたアルバムとなる。ちなみに、大学時代に一番聴いたアルバムは、ジェネシスの『眩惑のブロードウェイThe Lamb Lies Down On Broadway』だ。

イエス(Yes)「危機(Close to the Edge)」のロジャー・ディーンのイラスト さて、イエスと言えば外せないのが、ロジャー・ディーンのイラストだ。この『Close to the Edge』もジャケットを開けると、まずそのイラストに引きつけられた。その内ジャケットのイラストを見ながら「Close to the Edge」を聴いていると、イメージがどんどん広がっていく。これには正直驚いた。

このイラストは、孤立した岩?島?湖?から滝が四方に落ちていくが、まさに「Close to the Edge」を表現しているのだろう。「Close to the Edge」は「危機」なんて訳されているが、本当は「まさに崖っぷち!」って感じだろう。孤立した高台、そこに至る小径、永遠と流れ落ちる滝、わき起こる水煙が雲となって漂う……それは、イエスの楽曲と見事なハーモニーを奏でるファンタジーだ。

B面の「同志And You And I」と「シベリアン・カトゥールSiberian Khatru」も素晴らしかった。イエスの持っている広がりが3曲とも十二分に発揮されていると感じる。「And You And I」は、76年6月20日にNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」で放送された演奏が印象深い。「シベリアン・カトゥール」は何と言っても「イエスソングス」でのヴァージョンだ。「Close to the Edge」も含め、イエスのライブ・パフォーマンスは半端ではなかった。

こうしてワシはイエスにハマっていった。やがてそこに陥穽が待ちかまえているとは、そのときには想像だにできなかったのだが……

イエス(Yes)「危機(Close to the Edge)」のロジャー・ディーンのイラスト

人気ブログランキングへ

2009年9月23日 (水)

霞橋事故の動画は「キャリー」のラスト以来のびっくり映像!

霞橋事故の動画で「ぎゃーっ!」と声を出してしまった自分に思わず笑った。声を出すくらいびっくりしたのは、例の映画「キャリー」のラストシーン以来のことだ。事故は2009年9月17日・・・ぐだぐだ言うより動画を上げておこう※閲覧注意動画です。心臓の悪い人等は閲覧をお控えください。みなさん、運転にはくれぐれもご注意を。。。



人気ブログランキングへ

2009年9月21日 (月)

鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす花田順正氏の怪死事件をフライデーが報道!民主党の闇は暴けるか?

鳩山由紀夫は6月30日の記者会見で「経理担当の(勝場啓二)公設秘書がやった」と説明したが・・・鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす会計監査人・花田順正氏、選挙直前に突然死!鳩山献金問題は闇に葬られるのか?」で触れた花田順正氏の怪死事件を、フライデーが10月2・9日合併号で取り上げた。その記事のタイトルは、『鳩山由紀夫首相「渦中の税理士が露天風呂で怪死!」――【新政権を直撃】登別温泉を舞台に急展開!【8・30】歴史的大勝の前日、「故人献金疑惑」のキーマンに何があった!』。それによると、花田順正氏の死は次のような状況だったという。

8月28日、函館・小樽・苫小牧の税理士が集まる懇親会登別温泉であり、花田氏はこの懇親会に参加。酒と温泉が好きだった花田氏は、翌29日朝方まで飲んで、その後朝湯に出かけて突然死露天風呂に浮かぶように亡くなっていたという。まさに衆院選の前日だ。

花田順正氏は、国税庁職員として札幌、室蘭などの税務署で勤務し、国税庁内部の犯罪を取り締まる監察官の職に就いたこともある。後志支庁管内の税務署長を最後に退官した花田氏は、実家のある苫小牧市で独立し、税理士事務所を開業していた。

この花田氏の死については、「例の件を苦にした自殺」「例の件の口封じに殺された」といった怪死説が、半ば公然と政界関係者の口の端に上ったという。『フライデー』を引用してみる。

 ここで「例の件」を知るために、ある公文書を紹介したい。民主党北海道第9区総支部の政党交付金使途等報告書(平成17年分、18年分)。この支出欄に、H氏の名前が登場する。「外部監査報酬」としてH氏の事務所にそれぞれ9万5000円ずつ支払いがなされているのだ。登別市、苫小牧市を管轄する民主党北海道第9区総支部その代表は、鳩山由紀夫新首相その人である――。

 現在、民主党政権を揺るがす可能性を持つ火種は二つある。小沢一郎幹事長の公設第一秘書が刑事裁判を受けている西松建設の不正献金事件。これについては、東京地検特捜部の捜査が終結したわけではない。もう一つが、鳩山首相に降りかかっている「故人献金」の疑惑である。

 鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の'03~'07年分の政治資金収支報告書に、少なくとも5人の亡くなった人が個人献金者として記載され、計120万円を受け取ったことになっていると報じられたのが今年6月。結局、鳩山首相サイドは、虚偽記載は'05~'08年の4年間で計約90人から193件、総額2178万円に上ることを明らかにし、「経理担当の(勝場啓二)公設秘書が、個人献金額を多く見せかけるためにやった」と説明した。

 この「故人献金」疑惑は、H氏と決して無関係ではない。その後、H氏が監査を務めた民主党北海道第9区総支部の収支報告書でも、「故人献金」をはじめとした不可解なカネの流れが発覚したからだ。疑惑の数々を以下に列挙しよう。

◆元登別市議(男性)から、'01年に16万8000円の個人献金が行われているが、元市議は'00年に死亡している

◆'04年と'05年の寄付者と寄付総額とを比較すると、寄付者34人中9人が入れ替わっているのに、合計金額が616万8000円で同額。'05年と'06年を比較しても、36人中17人が入れ替わっているのに、1万円少ないだけの615万8000円だった(総額を設定し、名義を偽装している疑惑

◆北海道9区の道議、市議、町議ら42人から5年間で計1650万円の寄付を受けているが、そろって毎年12月25日付で寄付されている。'04年は土曜日、'05年は日曜日であり、戸別訪問など振り込み以外の集金方法を使うしかなく不自然

鳩山由紀夫の「故人献金」疑惑花田順正氏の怪死事件が、『フライデー』10月2・9日合併号には書かれている。民主党の闇に立ち向かう『フライデー』の英断を評価したい。千葉景子法相は就任会見で、「恣意的、党派的なものを排除する。国民の視点に立ち、検察の暴走をチェックする点で対処すべきだ」と、法相による検事総長への指揮権発動について一歩踏み込んだかのように発言した。民主党のバカな横槍に屈することなく、検察・警察・マスコミは、民主党の巨悪を暴くよう努めてもらいたいものだ。

では花田順正氏の怪死事件を報道した『フライデー』と、チャンネル桜の動画を。

鳩山由紀夫首相「渦中の税理士が露天風呂で怪死!」――【新政権を直撃】登別温泉を舞台に急展開!【8・30】歴史的大勝の前日、「故人献金疑惑」のキーマンに何があった!

鳩山由紀夫「故人献金」疑惑の重要人物・花田順正税理士の怪死事件


関連記事

人気ブログランキングへ

2009年9月19日 (土)

MLBの心温まる親子。捕ったファウルボールを娘が投げ返したとき、父親は……

MLBの心温まる親子。捕ったファウルボールを娘が投げ返したときの父親の寛大な行動が評判に。 アメリカメジャーリーグで、心温まる親子の行動が話題になっているという。ナリナリ・ドットコムの「捕ったファウルボールを娘が投げ返した、父親の寛大な行動が評判に。」から紹介してみる。

その試合は、9月15日のフィリーズ対ナショナルズ。5回裏フィリーズの攻撃のときだ。5番のラウル・イバニェス選手が打ったボールは、バックスタンドへのファウルボール。すると、そのボールを3階席最前列に座っていた男が、身を乗り出しながら素手でキャッチ。観客からは「ナイスキャッチ」とばかりに歓声と拍手が沸いた。

彼は隣で手を伸ばしていた娘にハイタッチしてボールを渡したのだが、なんとこの娘さん、すぐにボールをグラウンドのほうへ投げ返してしまう。「なんてことだ」と両手をあげるお父さんだが、そのあとすぐに娘を抱きしめる。優しいパパの表情、いたいけな娘のいじらしさ……これにはぐっとくるものがある。

テレビ中継で何気なく流れたこのシーンは、「心温まる親子の行動」としてたちまち評判を呼んだ。お父さんのスティーヴ・モンフォートさんは「エミリーが投げ返したとき、皆さん知ってると思うけど、ちょっと笑って『なんてことだ、行っちゃった』」と、そのときの心境を語る。そして、

娘が『間違ったことをしたのかも』って表情だったから、『何もしてないよ』って伝えたかったんだ」と。

いいお父さんじゃありませんか。エミリーちゃんの“まさか”の行動寛大に受け止めたお父さん、その父親の姿をほほ笑ましく取り上げるアメリカ・メディア――これぞ良きアメリカの姿だろう。

Phillies dad a hit with parents all over



人気ブログランキングへ

2009年9月16日 (水)

鳩山由紀夫内閣の売国奴レベルを査定する!

鳩山由紀夫の売国奴発言「日本列島は“日本人だけの所有物”じゃないんですから」 民主党の鳩山由紀夫が、9月16日召集された第172特別国会の首相指名選挙で、第93代、60人目の首相に選ばれ鳩山由紀夫内閣が発足。そこで鳩山新内閣の閣僚売国奴(売国度)を査定してみようというのが今回の趣旨です。

売国奴査定は「選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績」に基づいたもの。売国議員愛国議員数字それぞれの度数を表していますが、それで示すと以下のようになります(議員名から、その詳細を見ることができます)。

鳩山新内閣は売国議員だらけで真っ赤っか、売国度数は101ポイント! まぁ予想どおりの結果ですが悲惨な内閣です。この中で、直嶋正行氏のデータは「±0」となっていましたが、これはデータ不足ゆえで、「国民が知らない反日の実態(参議院議員リスト)」で「売国度A」とされていることを重視した方がよいでしょう。とすると、実際はこの鳩山新内閣もっと売国度数が上がっていると思われます。

それにしても、財務・外務・防衛が売国奴って、どうゆう内閣なんでしょうか。拉致問題担当がプラスなのは少しマシですが、最悪の千葉景子法務って絶句ですわ。「売国奴小沢一郎、外国人参政権を来年の通常国会提出するよう画策!」の売国ニュースにもありましたが、外国人参政権人権擁護法案が成立するのは時間の問題なのかもしれません。。。悲しいです weep

関連記事

人気ブログランキングへ

2009年9月12日 (土)

ビートルズ:アイヴ・ガッタ・フィーリング(I've Got A Feeling)

ザ・ビートルズ(The Beatles):レット・イット・ビー(Let It Be) ザ・ビートルズのリマスター盤が売れてるという。そこでビートルズについて少し。

ビートルズの好みは、ペパーズ派ホワイト派に分かれるんじゃないかと思う。『サージェント・ペパーズ』は統一感のあるアルバムだが、『ホワイトアルバム』は散漫な印象がある。しかし、ホワイトアルバムでは4人の個性(厳密にはジョンとポールの個性だが)が際立っていて、そのぶつかり合いの面白さがある。概して、ペパーズ派の人は『アビイ・ロード』が好きだし、ホワイト派の人は『レット・イット・ビー』が好きだ。

ワシはどう考えてもホワイト派なのだが、今回取り上げるのは「アイヴ・ガッタ・フィーリング」。言わずと知れた『レット・イット・ビー』の収録曲だ。

レット・イット・ビー』は、元々は「ゲット・バック」として「もう一度昔に戻って」として企画されたものだが、確かに「ゲット・バック」にはそうした気概が感じられる。しかし、現実としてはメンバー同士がぎくしゃくしていたことは事実。このとき、外部ミュージシャンがそばにいると外づらはよく見せようとするジョンポールの性格を利用し、ビリー・プレストンをキーボードに加え、バンドの雰囲気を変えたのは、ジョージだったという。

アイヴ・ガッタ・フィーリング」は、最後でポールとジョンのメロディーが重なり合い、同じコード進行でリズムが補い合うかたちで進行するポリフォニーになるが、そうした二つの個性がエネルギッシュに昇華し、映画『レット・イット・ビー』ではかなり印象深かった。映画で「何のつもりなの?」というおばちゃんのコメントも、さらにこの曲の印象を強めていてナイスだ(笑

アップルの屋上での演奏シーンは、本当に印象深い。それは、ジョンとポールという強烈な個性がぶつかり合ってできるものだろう。ワシとしては、仲良しビートルズよりも、がちんこビートルズを評価してしまうのである。



人気ブログランキングへ

2009年9月 6日 (日)

伝説の日光テレフォンショッピング

民主党が日本を中国・韓国に売ろうとしてるよ。。。(;´Д`) 民主党が日本を売ろうとして憂鬱になっている日本人のみなさん、お元気ですか?…あ、同じ日本人でも、労組・日教組・売国奴のみなさんは「中韓マンセー!」とお元気ですか。失礼しました。。。

笑う門には福来たる…憂鬱な時には笑いが一番。そこでお勧めは、伝説のテレフォンショッピング日光テレフォンショッピングぅぅぅ。。。ダメです、きちんとした商売なんですからバカにしてはいけません。しっかりと大笑いしてショッピングしてください。今回は大サービス2本立てで、腹筋崩壊いってみましょう、どうぞ。

日光テレフォンショッピング

伝説のテレフォンショッピング

人気ブログランキングへ

2009年9月 5日 (土)

鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす会計監査人・花田順正氏、選挙直前に突然死!鳩山献金問題は闇に葬られるのか?

鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす会計監査人・花田順正氏、選挙直前に突然死!鳩山献金問題は闇に葬られるのか? 鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす会計監査人・花田順正氏が、選挙直前の8月29日に殺された友愛された死因は心不全。政治的事情あるいは遺族・関係者の意向で表向きの死因を公表する場合、また急死時において最後まで死因を特定しにくい場合に使われる好都合な病名、あの「心不全」だ。

鳩山由紀夫の故人献金を知り尽くす会計監査人・花田順正氏、選挙直前に突然死!鳩山献金問題は闇に葬られるのか? 花田順正氏は税理士で、平成16年・17年に鳩山由紀夫の収支の監査をやっている鳩山由紀夫の「故人献金」問題を知り尽くす人物だ。その花田順正氏が、衆院選直前の8月29日に心不全で死去したのだ。8月31日「衆院選の終了を受け、東京地検特捜部による政治資金に関する捜査が動き始める」と報じられ、鳩山「故人献金」問題の捜査が始まらんとする直前である。まさに友愛されたのだ!

民主党と言えば「友愛」。友愛された事件が多すぎる。小沢一郎で言えば、小沢一郎の政治献金問題に関わった松岡利勝元農水相嶋田武司氏右近謙一氏吉岡吉典氏突然死している。これについては「どす黒い小沢一郎の闇!大久保秘書起訴で民主党の恐怖を実感!」で書いたが、大久保隆規秘書も自殺のおそれが出てきたので、大久保秘書の保護という観点から逮捕に至ったという事実がある。まさに民主党の闇友愛の真相がここに横たわる。

ここに花田順正氏のご冥福をお祈りいたします。そして行方不明になっている、鳩山由紀夫の会計責任者の秘書・芳賀大輔氏、(元)公設第一秘書で担当者の勝場啓二氏が心配でなりません。友愛されないことを心から祈っております。。。

関連記事

人気ブログランキングへ

2009年9月 1日 (火)

レッド・ツェッペリン「天国への階段」をハープで

レッド・ツェッペリン「天国への階段(Stairway to Heaven)」でのジミー・ペイジのギタープレイ カラヤンも絶賛したロック最高の名曲「天国への階段」については、『レッド・ツェッペリン天国への階段Stairway to Heaven』で以前取り上げた。今回取り上げたいのは、その「天国への階段」のハープ演奏だ。

演奏するのは、アメリカのコートニーCourtneyさん。クリーブランドでハープを学ぶ20歳の学生さんだ。何でも大学ではチアリーダーをしているそうだ。この美しくアレンジされたハープの音色は、本当に癒やされる。この殺伐とすることが多い世の中に、一陣の涼風を届けてくれた。本当にありがとう。

てなことで、コートニーさんのハープで、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」をどうぞ。あと1994年11月10日、ジミー・ペイジロバート・プラント久米宏の「ニュースステーション」で演奏した「天国への階段動画も上げておこう。

Stairway to Heaven on Harp - full version

Page Plant - Stairway to Heaven


人気ブログランキングへ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ