2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 1984年三つのライブ:ブラック・ウフル、スティール・パルス、キング・サニー・アデ | トップページ | 腹筋崩壊のリビア国歌空耳はどこに?空耳国歌で空耳ソング回顧を »

2009年3月19日 (木)

デ・ダナン「ヘイ・ジュード」でアイリッシュ・トラッド風味の「ヘイ・ジュード」を

フランキー・ゲイヴィン(Frankie Gavin) アイリッシュ・トラッドの雄デ・ダナンDe Dannanの「ヘイ・ジュードHey Jude」を取り上げたい。

YouTubeを見ると、デ・ダナンの動画が増えていて、いろいろと目移りしてしまう。「ヘイ・ジュード」の前に取り上げたいのが次の動画。

最初の動画は、「Ballroomな夜」で取り上げたドロレス・ケーンの歌で、「ゴールウェイ・ベイGalway Bay」と「遥かオーストラリアFar Away In Australia」。このころのドロレス・ケーンの歌はツヤがあって、まさに魂を震わせる歌声だ。

次の動画は、「デ・ダナン「マイ・アイリッシュ・モリー」でモーラ・オコンネル」で取り上げたモーラ・オコンネルの歌で、「マイ・アイリッシュ・モリーMy Irish Molly-O」。この曲は初期のデ・ダナンの代表曲だが、モーラ・オコンネルの歌がなんともよい。このPVは、ワシが昔見たものとは違うので、思わずおぉ~っ!てな感じだった。

そして「ヘイ・ジュード」。原曲は言うまでもなくビートルズだが、「アイリッシュ・トラッド流に演奏するとこうなるのか」と、印象深い演奏に仕上がっている。デ・ダナンの演奏するもう一つのビートルズ・ナンバー「レット・イット・ビー」がしっとりと歌い上げる曲想であるのに対して、この「ヘイ・ジュード」は躍動的だ。このダンスチューンをリードするフランキー・ゲイヴィンフィドルはやはり絶品だし、このアイリッシュ・トラッド風味の「ヘイ・ジュード」をぜひとも堪能してほしいと思うのである。

De Dannan : Hey Jude

人気ブログランキングへ

« 1984年三つのライブ:ブラック・ウフル、スティール・パルス、キング・サニー・アデ | トップページ | 腹筋崩壊のリビア国歌空耳はどこに?空耳国歌で空耳ソング回顧を »

デ・ダナン・オールスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/28402897

この記事へのトラックバック一覧です: デ・ダナン「ヘイ・ジュード」でアイリッシュ・トラッド風味の「ヘイ・ジュード」を:

« 1984年三つのライブ:ブラック・ウフル、スティール・パルス、キング・サニー・アデ | トップページ | 腹筋崩壊のリビア国歌空耳はどこに?空耳国歌で空耳ソング回顧を »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ