2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 上村愛子ぶっちぎり優勝の動画を!2009年FISW杯モーグル、ノルウェー・ボス大会で快挙! | トップページ | 今日もどこかで変なニュース(09年2月後半) »

2009年2月26日 (木)

UB40:ブリティッシュ・レゲエの胎動

UB40:Signing OffNew Wave #10.UB40 : Signing Off

UB40の『サイニング・オフSigning Off』にはハマった。UB40はバーミンガムで結成された白人黒人の混成バンド。『サイニング・オフ』は、1980年のUB40デビュー・アルバムだ。その『サイニング・オフ』から「タイラーTyler)」を。

 ♪「Tyler」を聴いてみる。

レゲエといえば、ボブ・マーリーしか聴いていなかったワシにとって、ブリティッシュ・レゲエの存在は新鮮だった。ジャマイカ移民がイギリスにいたこと自体知らなかったのだから、本当に驚いたものだ。

ブリティッシュ・レゲエには重さが付きまとう。「UB40」の名前自体が、イギリスの失業者給付金制度(Unemployment Benefit, Form 40)からとられたものだ。『サイニング・オフ』のジャケットデザインは失業手当申請書で、「タイラー」はアメリカの有色人種に対する冤罪への抗議の曲といったように、UB40は社会問題抜きには語れない。

そうしたシリアスな歌詞が、物憂げなサウンド、ダブに乗って歌われるところは妙に心地よかった。アリ・キャンベルの声がまたいいのだな。2トーン・スカのブームもあって、UB40はブレイクするが、UB40自体の持つ匂いに惹かれた人は少なくなかったはずだ。

UB40にハマったワシの場合、当時の環境もあったのかもしれない。北向きの窓から冷え込んだ空気を眺めるワシの部屋には、太陽サンサンのジャマイカよりも、重くシビアなブリティッシュ・レゲエの方が合っていた。その後、ブラック・ウフルスティール・パルスアスワドというブリティッシュ・レゲエ御三家を聴きまくる流れは、このときから生まれていた。



人気ブログランキングへ

« 上村愛子ぶっちぎり優勝の動画を!2009年FISW杯モーグル、ノルウェー・ボス大会で快挙! | トップページ | 今日もどこかで変なニュース(09年2月後半) »

あのころニューウェイヴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/28378116

この記事へのトラックバック一覧です: UB40:ブリティッシュ・レゲエの胎動:

« 上村愛子ぶっちぎり優勝の動画を!2009年FISW杯モーグル、ノルウェー・ボス大会で快挙! | トップページ | 今日もどこかで変なニュース(09年2月後半) »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ