2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

覚悟に勝る決断なし

野村の流儀』から、野村克也監督の言葉を。

 「判断」は頭でやるもの。知識量がモノを言う。
 「決断」は身体でするもの。覚悟に勝る決断なし。

覚悟に勝る決断なし」――いい言葉である。様々な勝負の綾を知る野村監督の言葉だけに重みがある。

人気ブログランキングへ

2008年11月22日 (土)

「レッドクリフ」は、alan「RED CLIFF~心・戦~」に注目!

三国志」を映画化した「レッドクリフ」が、興収3週連続1位とヒットしている。題材が「三国志」、それも三国志最大の戦いである「赤壁の戦い」の話と来れば、このヒットも当然かもしれない。ここで取り上げてみたいのは、映画「レッドクリフ」ではなく、alanが歌う「RED CLIFF~心・戦~」。

alan中国四川省美人谷出身のチベット人チベットというと、今年のチベット騒乱、北京五輪、聖火リレーの大騒動、ダライ・ラマ法王・・・と、いろいろなイメージが去来するが、ワシがチベットを贔屓してしまうのは、チベット人の容姿が日本人と似ているからかもしれない。alanの第一印象は「チベット人にしては色白だな」だったのだが、それは四川省美人谷の出身だからか。その透明感ある純真な眼が印象的だった。

alanの曲でまず気に入ったのは、坂本龍一プロデュースの「懐かしい未来~longing future~」。チベットの大気を思わせる高音の歌唱方法、そして二胡の音色が印象的な曲だ。alanは5カ月連続でシングルを出しているが、これは「地球を創る五大要素」をテーマとしていて、この「懐かしい未来~longing future~」が、「空唄」が、「風の手紙」が、そして「RED CLIFF~心・戦~」が、最後に「恵みの雨」がとなる。

ここでalanの「RED CLIFF~心・戦~」を。埋め込みの動画はその日本語版。日本語バージョンをここで取り上げたのは、中国語バージョンにはない、チベット民謡独特の高音の歌唱法を入れて歌い上げているからだ。中国語がわからないということもあるが・・・。alanは日本語勉強中とのことで、その奮闘ぶりはブログで明らかだ。透明な瞳を失わず、これからもいい歌を聴かせてもらいたいものだ。

alanRED CLIFF心・戦~(日本語バージョン)

2008年11月17日 (月)

2008年虚塵メシウマ大賞発表!「バッカじゃなかろかルンバ♪」は虚塵流行語大賞に!

メシウマ状態!!AA 2008年のプロ野球も終わり、恒例の虚塵メシウマ大賞の発表だ!この虚塵メシウマ大賞とは、2ちゃんねるの「アンチ板」にある「巨人が負けるとメシが美味い」スレ、いわゆるメシウマスレから最優秀作品を、ワシが我龍で選ぶ企画なのだが、今まで2005年2006年2007年と発表し、今年2008年は4回目になる。

ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) メシウマ…と、今年はなぜか「メシウマ」という言葉が流行し、おかげさまでここ我龍待合室の「虚塵メシウマ大賞」の記事もたくさんのアクセスをいただいた。本当にありがとうございます。

そうした記念すべきメシウマ2008年だが、巨人セ・リーグ優勝というとんでもないメシマズ状態になってしまった。たとえ巨人の優勝が、札束攻勢選手強奪巨人狂信最凶ジャンパイア空調全開ドームラン犬ルト・犬浜の白星献上で成立したとしても、結局メシマズであることに変わりはない。巨人が日本一になれなかったのがせめてものメシウマだが、やはりメシマズであることに変わりはない。

てなことで、ここで2008年虚塵メシウマ大賞の発表です!どこどこどこどこ・・・じゃ~ん!

該当作なし

ポヨョョョョョョ・・・…。まぁ、該当なしが妥当なところでしょう。それでは少し寂しすぎるので、今年は、虚塵メシウマ大賞殊勲賞・敢闘賞・技能賞を設けてみた。それでは、2008年虚塵メシウマ大賞殊勲賞・敢闘賞・技能賞の発表です。どこどこどこどこ・・・じゃ~ん!

2008年虚塵メシウマ殊勲賞

  • 「ライト方向にいい風が吹いていたんだよ」(ラミレス)

2008年虚塵メシウマ敢闘賞

  • 口腔→食道→胃→十二指腸→空腸→回腸→上行結腸→横行結腸→下行結腸→直腸→虚塵
  • 讀賣土人軍
  • 虚塵名物 風と誤審と威勢強奪、犬の功。

2008年虚塵メシウマ技能賞

  • 「巨人は面白い野球をするね。野球は意外性のスポーツ」(野村監督)
  • 「相変わらず巨人は10人で野球をやっとるな。これはセ・リーグの伝統」(野村監督)

殊勲賞は5月11日に東京ドームで11号を打ったラミレスの発言ラミちゃん、ペッ!とばかりに、ドームランを暴露したのが評価された。敢闘賞3つは、メシウマスレからの優秀作。今年は1行ネタに光るものがあった。技能賞2つは、野村監督の名言。さすがに名将の言葉には重みがあって技能賞。

そして今年設けたのは、虚塵流行語大賞!それでは、2008年虚塵流行語大賞の発表です。どこどこどこどこ・・・じゃ~ん!

バッカじゃなかろかルンバ♪

こんな言い方しなくても、記事タイトルでバレバレなのだが(笑)・・・まあ、それはお約束ということで。

とにかく「バッカじゃなかろかルンバ♪」は大ヒット作!野村監督の名言はホント冴えてました。まさに文句なしの「流行語大賞」というところだろう。

そして最後。2008年虚塵メシウマAA大賞は、次の「ルンバ♪AA」に決定!来年こそは、本当の巨人メシウマに期待したいものだ。

ルンバ♪AA:「バッカじゃなかろかルンバ♪」が最高!

関連記事



人気ブログランキングへ

2008年11月16日 (日)

今日もどこかで変なニュース(11月前半)

今日もどこかで変なニュース」で、11月前半に書いた記事は次のとおり。

11月前半は何と言ってもアメリカ大統領選。おばちゃんは「オバマ支持者にお菓子あげない」と子供を泣かせコメディアンオバマ大統領大統領ジョークが減ることを嘆き、イタリア首相は「オバマは日焼けしている」と失言。サラ・ペイリンアフリカ発言も特筆もの。

変なニュースの超特大は、ジャガイモを「やらないか」と肛門に突っ込んだイギリスの牧師。オランダでは停電でベビーブームになるわ、ニュージーランドではレイプした女性に車で送り届けてもらうわ、イギリスの警官は食事休憩でセックスするわ…とお盛んなこと。日本は裁判員制度ブラ、イギリスではブラが命を救う酔っ払い一家は次々と逮捕され、飲酒運転で連行中の男は、パトカー内で大放尿!デンマークの棺桶ロケットは乗り手が見つからず、カナダではデブの受刑者が早期釈放、アメリカでは「サブプライム」に拍手喝采。そして天下の将軍様・金正日総書記の偽造写真が明らかに……。変なニュースは今日も増殖中。。。

2008年11月14日 (金)

タゴール:生命の流れ

以前取り上げた『マット・ハーディング(Matt Harding)の「世界は踊る」!』で、パルバシャ・シッディクPalbasha Siddiqueが歌う「プラーンPraan」。この「プラーン」の元になったのが、タゴールの詩「生命の流れStream of Life」だ。『タゴール詩集―ギーターンジャリ』から、その「生命の流れ」を。


生命の流れ(Stream of Life)

私の血管を夜となく昼となく流れているこの同じ生命の流れが、
世界中に流れ渡り、リズムに合わせて踊っている。

この同じ生命が喜びとなってほとばしり、大地の塵埃の中を駆け廻って、
無数の草の葉に届き、
激しい浪となって木の葉や花に入り込む。

この同じ生命が生と死の太洋の揺籃の中で、
潮の満ち干に連れて揺り動かされる。

この生命の世界に触れて、私の手足が栄光に輝くのを感じる。
そしてこの刹那に多くの世代の生命の鼓動が私の血の中に踊っていることを私は誇りとする。

2008年11月11日 (火)

タワークレーンに登って恐怖の懸垂をするマジキチ動画

タワークレーンに登って恐怖の懸垂をするフランスのマジキチ3人組アルプス一万尺」よろしく、フランス3人組 クレーンの上で マジキチ懸垂はじめましょ・・・てな動画が、「Completely crazy climbing on a tower crane (no safety) !!!!タワークレーンに登ったマジキチ!完全版」。

場所はパリ。そこにやってきた3人の登山家は、PhilouYoyoJibouille。タワークレーンに登って、マジキチ懸垂! この動画は2007年5月23日のものだが、今でもその基地外度は色あせることがない。まさに「恐怖の身震いgrue」だ!

 

またバックの音楽がいい。曲は、Psofioi Korioiの「Epistrofi sti fisi」!(ギリシャ語なんでまるで読めない ^^;)この曲の動画も貼っておこう。

Completely crazy climbing on a tower crane (no safety) !!!!

Psofioi Korioi - Epistrofi sti fisi



人気ブログランキングへ

2008年11月10日 (月)

工藤公康の大予言的中!西武ライオンズが巨人を下して日本一に!

祝・虚塵日本シリーズ敗退 日本シリーズ第7戦は、西武ライオンズが巨人を3-2で下して日本一に!西武ライオンズ、日本一おめでとうございます!

日本シリーズに行けなかった昨年と比べ、今年は巨人メシマズ状態だったのが、虚塵が日本一を逃してちょっとメシウマになった・・・ってとこか。

今回の日本シリーズ、最も注目すべきは工藤公康の解説だろう。それは次のZAKZAKの記事に詳しい。

何だろうか、この神懸かり!そもそも工藤って、プロ27年日本シリーズに14度出場し、日本一11回!うち、西武で11度(日本一8回)、巨人で2度(同2回)、ダイエーで1度(同1回)・・・まさにネ申だ!

そこで最も驚くべきは次のお言葉。

 工藤は「戦力は巨人の方が上」としながらも、「第7戦までもつれ込んだら分からなくなる。西武の特長は若さ。第4戦で巨人を完封した岸が中3日でリリーフで登板できるだろうし、(第5戦に101球で降板した)涌井も登板可能。もともと中継ぎの層の厚さで巨人が数段上だけど、こうなると遜色ない顔ぶれになる」とし、「西武はナベちゃん(43歳の渡辺監督)やデーブ(41歳の大久保打撃コーチ)が、チーム内のコミュニケーションを実にうまく取っている」と、 まだ西武にも勝ち目はあると読む

なんつう予言じゃ!ノストラダムスジュセリーノも真っつぁおの大的中ではないか。ぃゃぁ、工藤見直しましたわ。。。

てな感じで、今年のプロ野球も一段落したということで、そろそろ虚塵メシウマ大賞の準備に取りかかろうと思ってます。

2008年11月 1日 (土)

今日もどこかで変なニュース(10月後半)

今日もどこかで変なニュース」で、10月後半に書いた記事は次のとおり。

10月後半はまず巨人優勝で株価暴落!全世界が不況葬儀場が差し押さえ。日本の事件は、股間にタッチセクハラ校長子供に万引きのお手伝い生き返った兄透明人間コートに、2次元キャラとの結婚要望中国は結婚披露宴で食中毒中国製大人のおもちゃからはメラミンでおもちゃテロ炸裂おもちゃテロの被害者イギリスでは、ごめんなさい強盗生首事件フランスではサルコジ大統領の呪いの人形に、TVGの便器に腕を吸い込まれた男!アメリカでは神さま裁判掃除機相手にオナニー親指を現場に残した強盗、セックス断られて犬に小便かけた男!シドニーではアイスクリームに人糞が!極めつけは金正日将軍様が生き返らせた元首相!・・・変なニュースはやはりお盛んです。。。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ