2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2008年虚塵メシウマ大賞発表!「バッカじゃなかろかルンバ♪」は虚塵流行語大賞に! | トップページ | 覚悟に勝る決断なし »

2008年11月22日 (土)

「レッドクリフ」は、alan「RED CLIFF~心・戦~」に注目!

三国志」を映画化した「レッドクリフ」が、興収3週連続1位とヒットしている。題材が「三国志」、それも三国志最大の戦いである「赤壁の戦い」の話と来れば、このヒットも当然かもしれない。ここで取り上げてみたいのは、映画「レッドクリフ」ではなく、alanが歌う「RED CLIFF~心・戦~」。

alan中国四川省美人谷出身のチベット人チベットというと、今年のチベット騒乱、北京五輪、聖火リレーの大騒動、ダライ・ラマ法王・・・と、いろいろなイメージが去来するが、ワシがチベットを贔屓してしまうのは、チベット人の容姿が日本人と似ているからかもしれない。alanの第一印象は「チベット人にしては色白だな」だったのだが、それは四川省美人谷の出身だからか。その透明感ある純真な眼が印象的だった。

alanの曲でまず気に入ったのは、坂本龍一プロデュースの「懐かしい未来~longing future~」。チベットの大気を思わせる高音の歌唱方法、そして二胡の音色が印象的な曲だ。alanは5カ月連続でシングルを出しているが、これは「地球を創る五大要素」をテーマとしていて、この「懐かしい未来~longing future~」が、「空唄」が、「風の手紙」が、そして「RED CLIFF~心・戦~」が、最後に「恵みの雨」がとなる。

ここでalanの「RED CLIFF~心・戦~」を。埋め込みの動画はその日本語版。日本語バージョンをここで取り上げたのは、中国語バージョンにはない、チベット民謡独特の高音の歌唱法を入れて歌い上げているからだ。中国語がわからないということもあるが・・・。alanは日本語勉強中とのことで、その奮闘ぶりはブログで明らかだ。透明な瞳を失わず、これからもいい歌を聴かせてもらいたいものだ。

alanRED CLIFF心・戦~(日本語バージョン)

« 2008年虚塵メシウマ大賞発表!「バッカじゃなかろかルンバ♪」は虚塵流行語大賞に! | トップページ | 覚悟に勝る決断なし »

音楽あれこれ(日本)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/25386816

この記事へのトラックバック一覧です: 「レッドクリフ」は、alan「RED CLIFF~心・戦~」に注目!:

« 2008年虚塵メシウマ大賞発表!「バッカじゃなかろかルンバ♪」は虚塵流行語大賞に! | トップページ | 覚悟に勝る決断なし »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ