2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

「脳死が人の死ではない」ことを、脳死宣告4カ月後に意識を回復した青年が証明!

小松美彦:対論・人は死んではならない 今日もどこかで変なニュースで、「脳死は人の死ではない!脳死宣告から4カ月後に意識回復!」というニュースを取り上げた。これは、脳死を宣告されてから4カ月後、医師が移植のために彼の臓器を摘出しようとしたところで、ザック・ダンラップくんが意識を取り戻した、というニュースだ。

このニュースで重要なのは以下のくだり。

ダンラップさんは、自分が死んでいると医師が宣告したのを聞いたのを覚えているという。
そのとき起き上がってしたかったことをできなくて良かったです」と、彼は言う。
起き上がって生きていると知らせたかったのかと聞かれ、彼は「窓を突き破ってしまったでしょうね」と答えた。

ダンラップくん、「ぃゃぁ、起き上がることができなくてよかったよ。起き上がってたら、窓をぶち破っていたからねぇ」なんて、アメリカンジョークを飛ばしてますが、これは意識回復したから言えることで、脳死宣告をはっきりとそのとき聞いていたという事実は大きい。これは明らかに、脳死のとき人は意識がしっかりとしていて(つまりアウトプットができないだけで、インプットはできている)、「脳死が人の死ではない」ということを示しているからだ。

今回のザック・ダンラップくんの意識回復のニュースは、脳死臓器移植に完全なる回答を突き付けている。つまり、脳死は人の死ではなく、臓器移植は“殺人”に他ならないということだ。どんな議論も、たった一つの事実には及ばない。ザック・ダンラップくんの事実・真実が、脳死と臓器移植の問題をすべて明らかにしているのだ。

関連記事

人気ブログランキングへ

2008年3月18日 (火)

上村愛子ちゃんの女子モーグル優勝凱旋会見とW杯優勝動画を!

上村愛子ちゃん、女子モーグル総合優勝凱旋会見で愛子スマイル! 上村愛子ちゃん凱旋会見 キタ━(゚∀゚)━ !! 女子モーグル総合優勝、日本選手最高記録のW杯5連勝、本当に本当におめでとう! 何度も何度もおめでとう!

まずはスポーツナビの記事、『モーグル総合Vの上村愛子が凱旋会見「お世話になった皆さんに恩返しができた」』より、一部引用。

上村 今シーズンの最初のころは、まさかこんなに素晴らしいシーズンになるとは思っていませんでした。どの大会でも、自分ではいい滑りをできたと思っていたんですが、それをジャッジがどう判断するかは最終戦まで分かりませんでした。それで、毎回いい点が出て、その都度自分でも驚いていた感じです。これでようやく世界の1番を競う場に自分が立つことができたという心境です。私がモーグルを始めて12年ぐらいたつんですが、自分の力だけでここまで来られたとは思っていません。今シーズンの成績で、今までお世話になった方々に恩返しすることができた。それが一番うれしいです。でも、自分の中ではこれで一安心という感じはまったくありません。来年は世界選手権、再来年にはオリンピックが控えています。もっともっといい結果を出せるように頑張っていきたいと思っています。

今までお世話になった方々に恩返しすることができた――う~ん、いい言葉じゃありませんか。来年の世界選手権、再来年のバンクーバーに向けて頑張ってください。

上村愛子ちゃん、まぶしすぎます! あまりに愛子ちゃんがすごいので、今後は「愛子さま」とお呼びしようかな。・・・不敬罪ですか(笑

ここで、2008年女子モーグルW杯総合優勝を決めた3月8日のスウェーデン・オーレの動画と、2月16日の猪苗代大会の動画を。これ見ると、ターンが抜群ですねぇ。バックフリップもキレイ!

祝 上村愛子選手 2008女子モーグルW杯総合優勝!

モーグルWorldCup2008 リステル猪苗代 優勝 上村愛子

関連リンク

2008年3月16日 (日)

上村愛子ちゃん、すごい! W杯5連勝で堂々のモーグル女王!

上村愛子ちゃん、W杯5連勝で堂々のモーグル女王、おめでとう! 上村愛子ちゃんすごい!グレート!ヽ(´▽`)ノ・・・何と表現したらいいかよくわからん。最終戦はまあまあの成績でいいんじゃないかな、もう年間優勝したことだし・・・なんて考えていたら、ワールドカップ5連勝という最高の結果! 本当におめでとうございます。

このワールドカップ5連勝という記録、どうも日本選手の最多記録のようで。今までは、1995年にノルディック複合で4連勝した荻原健司選手が最多だったとのこと。すっごいですねぇ~。上村愛子ちゃん、最高です!

上村愛子ちゃん、W杯5連勝で最高の愛子スマイル! ここで愛子ちゃんのコメントを。

「大きなミスをしないように、その中で攻めることを心掛けた。今までの優勝の滑りと比べてミスがあり、自分ではちょっと(優勝かどうか)分からなかった。10年かかってここまできた。できればこのまま強い選手でいたい

このまま強い選手でいたい――いい言葉です。このままバンクーバーまで突っ走ってください。応援してます♪

今日もどこかで変なニュース(3月前半)

今日もどこかで変なニュース」で、3月前半に書いた記事は次のとおり。“世界最大のテロ国家”中国食品テロ・核テロが目立ちました。それ以外にも、トイレと一体化バイクオナニーゴーストバスターズトイレ出産変な漢字タトゥー酔っぱらい戦車運転毒ギョーザギャグ・・・と、派手なニュースが多い半月でした。

2008年3月11日 (火)

春は枝頭に在りて已に十分

戴益:春在枝頭已十分(はるはしとうにありて すでにじゅうぶん) 春は枝頭(しとう)に在りて已(すで)に十分春は枝頭に在って已に十分、ともいう。禅で取り上げられる言葉である。

出典は、宋の詩人・戴益(たいえき)の「春を探る」という詩。

一日中春を訪ね歩いたが、春は見つからない。あかざの杖をついて遠くまで歩きつくし、疲れて帰ってきてしまった。自宅の庭先の梅の枝を取ってみると、枝先に春が。探していた春は、こんなところにあったのだ。

春を探る 戴益

 盡日春を尋ねて春を見ず じんじつはるをたずねて はるをみず
 藜を杖つき踏破す 幾重の雲 あかざをつえつきとうはす いくちょうのくも
 歸り來りて試みに梅梢を把りて看れば かえりきたりて こころみにばいしょうをとりてみれば
 春は枝頭に在りて已に十分 はるはしとうにありて すでにじゅうぶん

私たちの求めているものは、ごく近くにあるのかもしれない。

2008年3月 9日 (日)

上村愛子ちゃん、女子モーグル種目別年間優勝おめでとう!

上村愛子ちゃん、女子モーグル種目別年間優勝おめでとう! やった~!ヽ(´▽`)ノ 上村愛子ちゃん、女子モーグル種目別年間優勝おめでとう! 4連勝というのもすごい! 文句なしのモーグル女王です! イエロービブがよく似合います。。。

オリンピックでの涙、様々な怪我に泣いた日々、そして勝利・・・う~ん、いろいろありました。そういう情報見てきたから、ワシも感激しています。自分自身との闘いに勝ったって感じですね。本当におめでとさんです!

サンスポの記事を引用。

愛子決めた!日本モーグル界初の年間種目別優勝

 フリースタイルスキーW杯スウェーデン大会(8日、スウェーデン・オーレ)愛子が女王になった! 上村愛子(28)=北野建設=が、デュアルモーグルで優勝。2月の猪苗代大会からの連勝記録を4に伸ばすとともに、最終戦を残して日本モーグル界初となる年間種目別優勝を決めた。愛子は予選を2番手で通過すると、16人による決勝トーナメントも順調に勝ち上がり、決勝で種目別2位のニコラ・スドバ(チェコ)との直接対決を制した。

          ◇

 五輪で泣き続けた、プレッシャーに弱い愛子はいなかった。決勝は種目別2位のスドバとの直接対決。コース中盤で優位に立ち、ゴールすると両手でガッツポーズ。地元のアナウンサーが日本語で「ドウモアリガトウ、アイコ」とアナウンスすると、イエロービブをまとった愛子の目に涙が浮かんだ。

 「本当にうれしい。心身ともに疲れていたが、きょう頑張れば楽になれると思って頑張った。すごい自信になる

 96年3月にスイスでW杯に初参戦してから117戦。13年目のシーズンで、やっと立った頂点だった。18歳で出場した98年の長野五輪で7位。00-01年シーズンに種目別2位となったが、そこからが長かった。

 02年ソルトレークシティー五輪は6位。06年トリノ五輪前には左ひざ痛にも苦しみ、本番は5位。「神様が『もっと練習しろ』っていうことなのかな」と涙を流した。

 「今までは休みたくない人だった」と口にするほどの練習のムシだ。しかし、ひざ痛を治すため昨季のほとんどを休養に充てた。その分、今季は苦手だったウエートトレーニングにも取り組み、「ゆるくなっていたGパンがちょうどよくなった」というほど尻や太ももの筋肉が回復した。

 愛らしいスマイルは変わらないが、バンクーバー五輪は30歳で迎える。「年齢的なものはある」というが「バンクーバーが絶対的な目標なのは当たり前。W杯1戦1戦に勝てる滑りを追求している」という言葉を実戦しての年間女王だ。

 「来年の世界選手権、再来年のバンクーバー五輪でも十分に戦っていけると思う」。とびきりの愛子スマイルが弾けた。

晴れてのモーグル年間女王、おめでとさんです。これからもバンクーバーに向けて頑張ってください!

2008年3月 2日 (日)

今日もどこかで変なニュース(2月後半)

今日もどこかで変なニュース」で、2月後半に書いた記事は次のとおり。

2008年3月 1日 (土)

無料音楽でロックを、プログレ・ハード・ニューウェイヴする(1月~2月)

無料音楽でロックを、プログレ・ハード・ニューウェイヴする」で、1月から2月に書いた記事は次のとおり。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ