2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 岩村さすがの何苦楚魂! | トップページ | 和製英語だと知らなかった英語 »

2007年9月 5日 (水)

宇宙の太陽光をレーザー化して地上へ

070903laser この技術開発は本当にすごいと思った。でも、新たなエネルギー開発には必ず邪魔が入る。そうならないことを祈るばかりだ。

以前、ハチソン効果のところでも書いたが、こうしたものというのはエージェントが暗躍したり、アメリカがその技術を盗んだりするのがあるのは当たり前。この技術開発も秘密にしとけばよかったのに・・・と思ったりもするが、それができずに痛い目を見るのが日本人クオリティなのかもしれない。。。で、記事を転載。

宇宙の太陽光を、レーザー化して地上へ送る…大阪大学が新技術開発

人工衛星で集めた太陽の光を大出力のレーザーに変換して地上に送る新しい技術の開発に、大阪大学などの研究グループが成功しました。将来的には1つの衛星から原子力発電所1基分のエネルギーを送ることができる画期的な技術として注目されています。

この技術は、大阪大学レーザーエネルギー学研究センターと独立行政法人「宇宙航空研究開発機構」などが共同開発しました。人工衛星で太陽の光を集めて地球に送ることができれば、天気に左右される太陽光発電などと違って常時エネルギーとして使えますが、宇宙から地上までエネルギーを送るための技術が課題になっています。

研究グループは、太陽光からレーザーを発生させる装置にクロムとネオジウムという金属を一定の割合で混ぜたセラミックを使うことで、光のエネルギーの42%をレーザーに変換することに成功しました。これは従来の変換技術より4倍以上も効率がよく、実用化されれば、赤道の上空3万6000キロの静止軌道に打ち上げた1つの人工衛星から出力100万キロワットの原子力発電所1基と同じエネルギーを送ることが可能で、地球温暖化対策やエネルギーの安定供給に役立つ画期的な技術として注目されています。

グループのリーダーで財団法人「レーザー技術総合研究所」の今崎一夫主席研究員は「季節や時間帯に関係なく、24時間、太陽エネルギーを利用するための突破口になると思う」と話しています。



人気ブログランキングへ

« 岩村さすがの何苦楚魂! | トップページ | 和製英語だと知らなかった英語 »

日本がイチバン!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/7815756

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の太陽光をレーザー化して地上へ:

« 岩村さすがの何苦楚魂! | トップページ | 和製英語だと知らなかった英語 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ