2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« ヌルヌル秋山復帰でクリーンは絶望的! | トップページ | さくらのデザインで »

2007年3月17日 (土)

大仁田判決はジャイアント馬場最強の証明!

日本が誇る世界の王者ジャイアント馬場 大仁田厚場外暴行の裁判は、3月15日大仁田側の上告棄却の決定が出て、大仁田敗訴が確定。詳しくは、毎日新聞ZAKZAKの記事を参照してほしいが、これでめでたいことに「プロレスには事前の打ち合わせがある」という判例ができ、法的にもプロレスのヤラセが認定されることになった。

そして、プロレスのヤラセが判例となって名実ともに確定したことで、ジャイアント馬場史上最強のプロレスラーであることが、奇しくも証明されることになったのだ。大仁田はさすがにケツを貸した・・・もとい、偉大なる馬場さんの弟子だけあって笑わせて・・・もとい、存在感を示してくれる(笑

やはり馬場さんは偉大だ。とにかくでかいあの体である。あばらの浮いたあの体である(ぃゃぃゃ;)。生きているだけでも不思議なのに、動くのだ。ましてや走るとなったら、観客はみんな「おお~っ!」とどよめく。走るだけで沸かせるレスラーは、馬場さんだけだ。そして動きがのろい。突然テレビがスローに切り替わったようだ。この存在感は、他のレスラーはもちろん、どんな人間にも出せるものではない。いつおっ死んでしまうかわからないような、ハラはらドキどき感がなんとも味わい深い。(;´Д`)

特にスタン・ハンセンとやることが決まったとき、その期待感・・・もとい、不安感が駆けめぐった。当時のハンセンは強かった。田園コロシアムでアンドレをラリアットで吹っ飛ばすわ、向かうところ敵なしだった。そのハンセンと馬場さんが対決することになって、ワシらは沸いた。「馬場がハンセンとやるんだって」「今度こそ死ぬな」・・・と。しかし、馬場さんは死ななかった。久しぶりの32文ロケット砲も出たし、馬場さんの最強オーラにはハンセンもかなわなかった。このときは、さすがにワシらも思った。「おかしいなぁ。死なへんな」(笑

ジャイアント馬場「16も~ん!」 馬場さんの武勇伝は枚挙にいとまがないが、最も印象深いのはロープへのこだわりだろう。とにかく馬場さんはロープにこだわった。リングの真ん中でフォールされても、わざわざ相手をロープの方に引きずっていって、あの足を伸ばして「ロープ!」。これって肩を上げればいいだけの話だ(笑)。トップロープに登ろうとして、途中で落ちたときは、さすがに腹が痛くて、しばらく息が吸えなかったものだ(確かアナも「馬場、自爆!」と叫んでいたような。笑)。一番驚異的なのは、タイガー・ジェット・シンとタッグマッチで戦ったときで、ゴングが鳴ってからすぐシンの反則攻撃に遭って、ずっとリングに寝たまま。そしてしばらくして反則勝ちのゴング。最初から最後まで、リングに寝ているだけで勝利したレスラーは馬場さんを除いて存在しない!

技の命名が純和風であるのも素敵だ。16文、32文ロケット砲、椰子の実割り、脳天唐竹割、逆水平、河津掛け、河津落とし・・・例外は、ネックブリーカードロップか。これこそ、日本が誇る世界の王者ジャイアント馬場の真骨頂だ!

佐山聡が『ケーフェイ』で、「ロープに振られたとき返ってくるのは、自分の意志で返ってくるからだ」と書いた。事実、UWFから新日に参戦した藤原嘉明がロープに振られても返ってこないで、藤波辰巳がドロップキックを空振りするという、まあ当時は衝撃的な場面があった。

これに対して、偉大なる馬場さんは言う。「ロープに振られたとき、一種の催眠術がかかったような状態になって、返ってきてしまうのだ!」。馬場さんはウソをついているわけでは決してない。確かに、あの馬場さんである。あの馬場さんにロープに振られたら、おかしすぎて・・・ぃゃ、ありがたすぎて拝みつつ返ってきてしまうだろう。まさに催眠術にかかっているのだ(笑

日本が誇る世界の王者ジャイアント馬場 では、こんな馬場さんがなぜ最強と言えるのか。それは、プロレスに事前の打ち合わせがあると、たとえみんなが認識していたとしても、最も説得力のあるパフォーマンスを行い、見ている者を最高に沸かせるからだ。リングに上がっただけで、観客はどよめく。走っただけで観客は沸く。ましてやロープに足をかけたり、16文したら、観客は興奮のるつぼだ! プロレスがヤラセとわかっていた上で、こんなに沸かせるレスラーはいない。やはり馬場さんは史上最強なのだ!

#この馬場さんのプロマイドを見ていると、ベルトが小さいことに驚く。これはベルトがちゃちいのだろうか、それとも馬場さんが予想以上に巨大なのだろうか?





人気ブログランキングへ

« ヌルヌル秋山復帰でクリーンは絶望的! | トップページ | さくらのデザインで »

やっぱし格闘技だあ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135775/7633067

この記事へのトラックバック一覧です: 大仁田判決はジャイアント馬場最強の証明!:

« ヌルヌル秋山復帰でクリーンは絶望的! | トップページ | さくらのデザインで »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ