2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

我龍

  • 気に入ったらこちら
  • ようこそ
  • moon's age
    CURRENT MOON
  • 東日本大震災義援金を
    東日本大震災義援金を受け付けます(日本赤十字社)
  • 2月22日は竹島の日!
    2月22日は竹島の日!竹島は日本の領土です!

最近のトラックバック

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

2006年の我龍音楽リスト

Cappuccino 2006年も今日でおしまい。ということで、今年UPした音楽リスト、埋め込みにしたYouTubeの画像リストをここでまとめておこうと思う。かなりクセのある音楽リストになっているが、新たな発見を求める人には、こうした音楽もまた一興ではないだろうか。そして、カテゴリー別の記事数もここに記しておく。

それではよいお年を。


2006年♪一覧

2006年 YouTube画像(embed)一覧

2006年カテゴリー別記事数

2006年12月30日 (土)

発表!2006年虚塵メシウマ大賞

Kyojin1 今年も恒例の「虚塵メシウマ大賞」の発表の時がやって来た。恒例の・・・って、聞いたことがない人がいるかもしれないが、それは当たり前。今年が初めての発表なのだ^^。これは2ちゃんねるの「アンチ板」にある「巨人が負けるとメシが美味い」スレ、いわゆるメシウマスレから最優秀作品を、ワシが我龍で選ぶ企画なのであった。

まずは昨年2005年のメシウマ大賞をもう一度・・・って別にどこにも発表しなかったので、初公開となってしまうが。。。じゃ~ん!

2005年虚塵メシウマ大賞

 虚塵メシウマ応援歌

 ションベン色の カーブを描け
 君が力んで 僕らの夢で
 パセリが投げると ミラクル呼ぶよ
 パセリコールで 勇姿を見せて
 GO GO Giants rose
 ぼくらのジャイアンツ ファンタジスタを 君に

 黒一色の 連敗築け
 君は炎上 僕らはメシウマ
 君が投げると 必ず負ける
 年寄りぶつけて 声高らかに
 GO GO Giants rose
 ぼくらのジャイアンツ 
 ファンタジスタを 君に
 ファンタジスタを 君に

特に「君は炎上 僕らはメシウマ」の詞が秀逸だ。パセリさまの名前も懐かしい。

さあお待たせしました。今年2006年の虚塵メシウマ大賞の発表です。今年は、大賞、AA大賞、特別賞があります。どこどこどこどこ・・・じゃ~ん!

2006年虚塵メシウマ大賞

 虚塵メシウマ草子

春はいかさま、やうやう進塁したる二塁よりすこし覗きて、
捕手の出したる指示を盗み見、打者に教えたる。

夏は凋落、交流戦の頃はさらなり、終わりてもなほ負け試合止まらず、
順位が下がるのを いとおかし。

秋は終焉、夕日はなやかにさして、水道橋の駅 いと近くなりたるに、
ファンのうなだれ帰るとて、陸橋の上 泣きながら戻るさま いとあはれなり。
まいてその者どもなどのつらねたるが、いとちひさく見ゆる、いとをかし。
その日も負けはてて、空調の音、主審の判定なんど、いとあはれなり。

冬は監督降りたるは、いふべきにもあらず。
親会社のいと無駄に、またさらでも いと今更な補強なんど急ぎおこして、
泥縄よりたるも、ひとつきもたず。
最下位になりて、もはやだれもやる気なく、
今日も先発、中継ぎ次々燃えつきて、球場にめがほんがちになりぬるは

わろし。

2006年虚塵メシウマAA大賞

 虚塵メシウマ爆弾シリーズ

Kyojin2


2006年虚塵メシウマ特別賞

●●●●●●●●○●○●●●●●●●●●●○○●●●●●●●●●

今年の大賞は格調高い、“をかし”文学をコーディネイトした作品だ。「わろし」が古語とネット用語をかけているなど秀逸だ。このような文学史に残してもおかしくない作品が今後も作られることを期待したいものである。AA大賞は、最も盛り上がった6月から7月を踏まえての力作。シリーズものだった。職人さん、お疲れさまです。特別賞は・・・わかる人にはわかる(笑

ちなみに、今年巨人に関する記事は次のものをUPしてますので、ついでにお立ち寄りいただきたいものです。

それでは、来年2007年もメシウマ期待ということで。

2006年12月29日 (金)

ヤクルトのメジャー戦略は(・∀・)イイ!!!

ヤクルツしぃ 東京ヤクルト・スワローズのメジャー戦略は(・∀・)イイ!!って、ヤクファンのワシが言っても説得力はないが、青木メジャー挑戦の26日のニュースを見てそう思ったことは事実。また28日には藤井のメジャー移籍の話があったりして、岩村から始まってメジャーメジャーしているヤクルトは、日本球界の選手流出を憂うお歴々からはヒンシュクを買いそうだが、ワシは感心するところが多いのだ。ちょっとZAKZAKから引用してみる。

……「金銭面の話というより野球人生の話を聞いてもらいました。何年か後にメジャーに行きたいと意思を伝えました」。約2時間半に渡った交渉後、開口一番で切り出した挑戦の弁だ。

 「球団からは何年後とか確約的なモノはなかった。ボクも大学時代から育ってきた神宮、ヤクルトに愛着がある。まだヤクルトでやりたいし、キャリアプランを伝えたということです」と力説。が、青木のメジャー挑戦へのホンキ度は高い。

 この日の交渉では、代理人の中川紘平弁護士を同席。球団サイドの「夢を持ち続けることはいいこと。高いレベルに向かっていくことは悪いことじゃない」(多菊球団社長)という返答を明文化し、2、3年後のポスティング“承認”へのたたき台にすることに成功した。実はこれ、すでにデビルレイズ移籍が決まった先輩・岩村が取った手法で、青木はその第1歩を踏んだ形だ。

 約60億円にまで落札金が達したレッドソックス・松坂を始め、デビルレイズ・岩村が約5億円、ヤンキース・井川が約29億円と、今オフのポスティング市場は大活況。“メジャー予備軍”も、「先輩たちの後に続け」と色めき立つのは致し方ない状況だ。

 ヤクルトのスタンスはこうだ。もともと、石井一、石井弘そして岩村とポスティングでのメジャー挑戦には寛容な姿勢で、「高い価値のある選手を(米国に)売るのはビジネスの1つの形」というのが多菊球団社長の持論。さらに、「いい成績を何年も続けなければいけない。そうでなければ(米国に)高く売れないし買い手がつかない」(同社長)という哲学を持っている。

 主力選手の相次ぐ流出は、決してマイナス面ばかりではない。多額の入札金が入るのはもちろん、「将来的にはメジャー」という青雲の志を持つドラフト候補生たちに「ヤクルトはメジャーに行ける球団」というイメージを持たせることができる。ならば、“メジャーリーガー養成所”として割り切るのも、球団経営の1つのあり方かもしれない。

考えてみれば、この戦略はなかなかのものだ。選手は数年頑張ればメジャーへの道が開けるということで、モチベーションが上がる。いい成績、高いレベルが期待できる。これはチームの好成績へとつながる。そして、ポスティングでは、球団はそこでの金を補強に活用できる。そして、“メジャーに行ける球団”として、ヤクルトを志望する有力な若手が現れ、チームはどんどん活性化する。さらには、石井高津のように、メジャーでのたくましさを身につけた出戻り効果が生まれたりもする。

これはまさに今のメジャー志向のプロ野球にかなった戦略ではないかと思うのだ。どこかの球団のようにポスティングを目の敵にするのではなく、ポスティングがあったらそれを有効活用する方が明らかに利口だ。ワシはこのヤクルトの戦略を支持するし、来年こそは優勝に絡んだ戦いをしてほしいと、マジに思うのである^^。

2006年12月28日 (木)

ラッセ・イェルツェン(Lasse Gjertsen)の「Amateur」は2006年ビデオ大賞!

Lasse Gjertsen:Amateur 今年もいろんなビデオを見た。特に、YouTubeのおかげで、昨年よりも充実していた気がする。そんな2006年のビデオ大賞を選ぶなら、やっぱしこれでしょう。 じゃ~ん!

 ラッセ・イェルツェンLasse Gjertsen)くんの「Amateur

このビデオはネットじゃかなり話題になっていたので、別におかしな選考ではないと思う。とにかく、楽器のできない彼が見事にミュージシャンとなる抜群のセンス、思いついてもこれだけの編集作業はなかなかできない、その気合い、その鍛錬(なんか格闘技ノリだ ^^;)。頭痛がするまでビデオ編集に打ち込むっていうのは本当だろう。

ラッセくんについては、「Lassegg」のサイトや自己紹介ビデオを見ればわかるが、ノルウェーのラルヴィク在住の22歳の映像作家で蟹座。感情的になって、携帯やパソコンをぶっ壊すビデオは、まさに蟹座だ・・・^^;

この「Amateur」で忘れてはならないのは、彼のユーモアのセンスだろう。ドラムでは頭を叩くわ、スティック飛ばすわ、バスドラは立って踏むわ、シンバルに顔ぶつけるわ、バスタムじゃスティックをバウンズさせて取るわ・・・そしてピアノでは指1本で弾いているかと思ったら、足使って弾いたり(おいおい、それじゃ柔道一直線結城だよって、おやじギャグ ^^;)・・・まあ笑わせてくれるのである。

Lasse Gjertsen:Hyperactive また「Hyperactive」もよかった。またも爆笑の連続、かつ感心♥♥。これは「Human Beatbox」とも言われる昨年の作品だが、この2つのビデオを見るならば、ほとんどMVP級の活躍と言えるだろう。「Hyperactive」は楽しいFlashまでできたりして、ラッセくんはもはやアイドルである。来年の活躍も期待したいと思うのだ・・・ってなことで、「Amateur」をどうぞ。

Lasse Gjertsen : Amateur

2006年12月25日 (月)

もはや巨人の断末魔

もうだめぽ クリスマスプレゼントというわけではないが、プロ野球はオフでもいろんなプレゼントがあるようだ。松坂、岩村、井川の晴れやかなメジャー入り、大物ルーキー田中将大の入団発表などと比べると、巨人は暗い。しかし、巨人は巨人で我々を楽しませるために、このオフ頑張っていたのだ。ということで、巨人関連の記事をここでちょっとまとめてみたい。

1.巨人人気、阪神に抜かれる

2006年10月5日付けなので、少し前のことになってしまうが、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社と株式会社インフォプラントが行った「2006年スポーツマーケティング基礎調査」は、「応援しているプロ野球チームの1位は阪神タイガース」と発表した。読売などの偏ったアンケートと比べて、これはかなり信憑性のある情報だ。

応援している日本のプロ野球チームがある人は51.1%で、昨年から2.3ポイント減少している。18~64歳のプロ野球ファン人口を推計すると4,138万人(昨年比5.7%減)となった。チーム別の内訳は、阪神タイガースファンが1,138万人と唯一1,000万人を突破。読売ジャイアンツファン(986万人)、福岡ソフトバンクホークスファン(486万人)が続いている。

06yakyu

2.姜が暴露!「ドームが小さいから」

11月2日の日米野球で、巨人の姜が「東京ドームが小さいから」という禁断のコメント李承ヨプのドームラン発言といい、姜といい、アジアの助っ人勢は東京ドームの巨人タブーを認識していないようだ。

姜が連続被弾「ドームが小さいから」

 先発の姜が6回4失点(自責3)。六回にハワード(フィリーズ)、A・ジョーンズ(ブレーブス)の連弾を浴び「パワーが違うね」とビックリだ。それでも「東京ドームが小さいから」と強気なコメントは相変わらず。

3.岡島キッパリ「巨人の時代じゃない」

巨人退団後、素晴らしい活躍を見せる岡島。レッドソックス入団が決まって、次のコメント。

やっぱりオカジい巨人…日本ハムで覚醒しメジャーへ
岡島キッパリ「巨人の時代じゃない」

……しかし、こんないい投手を、ナゼ巨人は放出してしまったのか。岡島は今年はキャンプで絶好調だったにもかかわらず、ナゼか二軍のまま。いくら二軍戦で好投しても昇格することなく、パ・リーグ開幕前日(3月24日)に日本ハムにトレードされた。岡島は「どうしてトレードされたのかわからない」と首をかしげる。

 ところが、この移籍が功を奏した。「今はもう巨人の時代ではない。でも、それが巨人にいる時はわからなかった。外へ出てわかったんです。日本ハムでも楽しく野球ができて、ステップアップできた」とキッパリ。「もしも巨人に残ってFA権が取れたとしても、宣言して残留していたと思います。あのまま巨人にいたら使われなかったでしょうけど」と巨人を出たことで生き返ったと分析する。

 「巨人は心配か」と聞かれた岡島は、「別に。それよりも日本ハムの方が心配です。これだけ選手が出て、来年どうなるのかな。やっていけるのかなとは思いますけど」と気を遣った。さらにサインしたファンに突然「巨人と日本ハムどっちが好きですか?」と突っ込まれると「そんなこと言えるわけないでしょ。新聞記者もいるんだから」と冷や汗をかきながら返答。慕っていた桑田もいなくなり、わずか1年で大きくメンバーの代わってしまった古巣への愛着は薄れているようだ。

 結果的に、岡島の“覚醒(かくせい)”は巨人が放出してくれたおかげ。使える選手を放り出して、使えない選手ばかりを獲っていては、巨人が弱体化していくのも無理はない。

4.原なんと新人置き去り、新人は“ディノス”に完敗

恒例の新人入団発表。原監督は「そいじゃ、また」と新人を置き去りにして、新人を失意のどん底に。翌日の東京ドーム見学では信じられない光景が。金刃くん、目がうつろだ。新人にこれだけの仕打ちをした球団はないのではないか。巨人がFAだけに目をかけ、新人を軽くあしらっていることがよく表れている(…これじゃ新人育たんわな)。要するに虚塵(笑)、来年も大いに笑わしてくれそうなのだ。

原にスポットライト…新人お披露目も人気独り占め

 ファンサービスの一環として14日、丸の内ビルで新入団選手16人の“お披露目式”を行った巨人。……丸ビル1階ホールにやってきた約300人のファンは新入団の選手が壇上にあがってもイマイチ盛り上がらない。しかし、原監督が2階からエスカレーターで現れると拍手とともに大歓声。気をよくした原監督は右手をあげて声援にこたえた。

……ところが「そいじゃ、また」と途中退場すると、ステージ周辺の観衆も次々と離れ、拍手もまばらに。早稲田実・斎藤のような誰もが知るスターがいないため、監督だけに視線が集中するのは仕方のないところか。16人の選手は入団当日いきなり人気というプロの壁を実感させられた。



金刃大ショック…マウンド見られず

061215kyojin こんなの野球場じゃない…。巨人の新人11選手が15日、本拠地の東京ドームを見学した。しかし、グラウンド上では通信販売企業の大バーゲンが開催されており、大学社会人希望枠の金刃憲人投手(22)らは肝心のマウンドやブルペンを見られずに終わった。自分の勇姿をイメージするはずが、失意の見学会に終わった。

 あれれ…。これが日本を代表するドーム球場なの?スタンドに足を踏み入れた選手の目に飛び込んできたのは信じられない光景だった。

 グラウンドの上には色とりどりのバルーン。緑色のシートが敷き詰められ、スキー・スノボー用品からブランドバッグまで所狭しと陳列されていた。

 希望に満ちあふれて本拠地を訪れた金刃は自分がマウンドに立つ姿を「イメージできませんでした…」とポツリ。シーズンオフの静寂な球場を思い浮かべていたが、ものの見事に裏切られた。

 行われていたのは「2006さよなら大バーゲン in 東京ドーム」。通信販売の「ディノス」が年に数回行う数万人規模のバーゲンだ。この日が3日間開催の初日で、2006円と格安のルイ・ヴィトンのポーチなどを目当てに、女性客らが行列をつくった。

 辛うじてロッカールームとシャワー室は普段通りだったが、ブルペンには陳列を待つ商品の段ボール箱が山積み。選手サロンにはバーゲンスタッフがたむろしていた。

 引率の球団スカウトはバーゲン開催を把握していたが、入団会見などの日程上、見学日に設定せざるを得なかったという。ただ、知らなかった球団関係者もおり、「びっくりした」と口あんぐりだ。

 スタンドから会場を見つめる11人の姿が大型ビジョンに映し出され、来場客に紹介されるサービスもあったが、選手のテンションは上がらない。金刃も「イベントをしてたんで仕方ない」とションボリだった。

デイリースポーツ 2006/12/16

2006年12月17日 (日)

智に働けば角が立つ

漱石草枕の冒頭――まさに歳を重ねれば重ねるほど味の出てくる名文だ。胸に染み入る智慧の声というところか……

 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。

2006年12月12日 (火)

無限音階

Escher1 エッシャーの有名な絵に、「上昇と下降(Ascending and Descending)」がある。階段を上り続けていると、いつの間にか元の場所に戻り、また上り続ける。また階段を下り続けていると、いつの間にか元の場所に戻り、また下り続ける。果てしのない上昇と下降。知らず知らず、無限階段の眩暈(めまい)の中に、我々は巻き込まれていく。しかしその眩暈も、現実と夢にどれほどの差があるのか、この世はすべて夢なのではないかといった疑問に身を預けてしまえば、故郷(ふるさと)に向かう心地よさへと変貌する。

Hallucii そうしたエッシャーの無限階段を見事に再現したのが、Halluciiのアニメだ。ここに登場するおじさんは、酔っぱらっているがゆえに、無限階段に巻き込まれ、無限階段に気づく。この世の迷宮に彷徨う我々も、所詮このような酔っぱらいでしかない。

Shepard_tone 無限階段を音で表したものが、無限音階である。これは、「シェパード・トーンShepard tone)」とか、「Infinite scale」とか、「Glissando tones」などと呼ばれている。無限音階の原理や説明は、「無限音階を作ろう」「無限に続く音の階段」「Mugen-Kun解説」といったサイトに任せるが、簡単に書けば、最低域から最高域までの同じ音名の音をすべて鳴らしながら、音を上げ続けたり下げ続けたりしていくと、音階が無限に上昇し続けたり下降し続けたりするように聞こえるという錯覚に陥る、といったことらしい。それはともかく、ここではできるだけ無限音階を楽しんでみたいと思うのだ。

まずは、無限音階のサンプルである。順序は特に意味はない。

 無限音階:「シェパードトーン(無限音階)」より
 無限音階:「錯視と空耳のアナロジー」より
 無限音階:「コラム36:無限音階」より
 無限音階:「無限音階 その1」より
 無限音階:「Circularity in Pitch Judgment」より
 無限音階:「Shepard Function Generator Experiments」より
 無限音階:同上
 無限音階:同上
 ♪無限音階9:「Visualization of the Shepard Effect」で聴いて遊ぶことができます。

無限音階の有名どころとしては、YMOBGM』の「LOOM 来たるべきもの」、その元となった松武秀樹の『謎の無限音階』、ピンク・フロイドおせっかい』の「エコーズ」のエンディング、クイーン華麗なるレース』のエンディング、そしてスーパーマリオ64の「無限階段」がある。

 YMO:LOOM 来たるべきもの
 松武秀樹:宇宙への出発(上昇音階)
 松武秀樹:ワープ航法(連続上昇音)
 Pink Floyd:Echoes(ending)
 Queen:A Day At The Races(ending)
 スーパーマリオ64:無限階段

そしてこれは無限音階ではないが、音が回転するということでワシが連想したのは、エマーソン・レイク&パーマーの「悪の教典#9」のエンディング。最後にこれを…

 ELP:Karn Evil 9(『Ladies and Gentlemen』より)
 ELP:Karn Evil 9(『Brain Salad Surgery』より)


人気ブログランキングへ

2006年12月 7日 (木)

今年の流行語大賞は「ハナクソ王子」!

「ハナクソ王子」の平山相太くん またまた遅きに失した感はあるが、毎年流行語大賞ってやつは気になって仕方がない。というのは、「え、こんなの流行ってんの?」とか「政治家に媚売ってんじゃないよ」といった、どっかのわけわかんないおじさんが審査したって感じが見え見えで嫌になるからだ。そのことは、Wikipediaの「新語・流行語大賞」を見てもはっきりしているが、たとえ世間で流行していなくても受賞したり、逆に世間で流行っているのにマイナスイメージや教育上よろしくないってことで却下したりしているのだ。大体において、大衆ってやつは、ちと毒のあるのを好むってもんで、お高くとまった連中に何がわかるってんだ・・・って啖呵切ってみる(笑

この受賞一覧を見てると、え~っ!てなもんが多い。05年の「萌え~」って何だよ。こんなのもっと前から流行ってんじゃん。大体、「キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」とか「モナー」とかが、なんで入ってないんだよ・・・って、お前はほとんど2ちゃんねるだな(藁

てなことで、そんなら我龍でワシが選んでしまえということで、今年2006年の流行語大賞は「ハナクソ王子」に決定!!

おわかりのことと思いますが、「ハンカチ王子」ではありませぬ。FC東京の平山相太くんの「ハナクソ王子」です。平山くんの絶品の写真。このハナクソ王子とのミスマッチ――う~ん、トレビアン。今年はこれっきゃないでしょう。どうゆう根拠で選んでんだ!って言われても、根拠なんてない。まあ「ハナクソ王子」で決まりでしょうって、強引な展開なのだが、ハンカチ王子とキャーキャー言われてちやほやされる斎藤くんよりも、ハナクソ王子とボロクソ言われて平然としてる平山くんの方が大物であることは事実だろう。

2006年12月 2日 (土)

世界を見る目が変わる50の事実

ジェシカ・ウィリアムズ:世界を見る目が変わる50の事実 ジェシカ・ウィリアムズの『世界を見る目が変わる50の事実』は、確かに世界を見る目が変わる。それは次の50だ。

  1. 日本女性の平均寿命は84歳。ボツワナ人の平均寿命は39歳
  2. 肥満の人の3人に1人は発展途上国に住んでいる
  3. 先進国で最も妊娠率が高いのは、米国と英国の10代
  4. 中国では4,400万人の女性が行方不明
  5. ブラジルには軍人よりも化粧品の訪問販売員のほうがたくさんいる
  6. 世界の死刑執行の81%はわずか3カ国に集中している。中国、イラン、米国である
  7. 英国のスーパーマーケットは政府よりも多くの個人情報をもっている
  8. EUの牛は一頭につき一日2.5ドルの助成金を受け取る。年額にすると世界旅行が可能だ
  9. 70カ国以上で同性愛は違法、9カ国で死刑になる
  10. 世界の5人に1人は1日1ドル未満で暮らしている
  11. ロシアで家庭内暴力のため殺される女性は、毎年1万2,000人を超える
  12. 2001年、何らかの形成外科手術を受けたアメリカ人は1,320万人
  13. 地雷によって、毎時間1人は死傷している
  14. インドでは4,400万人の児童が働かされている
  15. 先進国の国民は年間に7キロの食品添加物を食べている
  16. タイガー・ウッズが帽子をかぶって得るスポンサー料は、1日当たり5万5,000ドル。その帽子を作る工場労働者の年収の38年分
  17. 米国で摂食障害を患っている女性は700万人、男性は100万人
  18. 英国の15歳の半数はドラッグ体験済み。4分の1は喫煙常習者
  19. ワシントンDCで働くロビイストは6万7,000人。連邦議員1人に対し125人
  20. 自動車は毎分、2人を殺している
  21. 1977年以降、北米の中絶病院では8万件近い暴力事件や騒乱が起きている
  22. マクドナルドの黄色いアーチがわかる人は88%。キリスト教の十字架はたった54%
  23. ケニアでは家計の3分の1が賄賂に使われる
  24. 世界の違法ドラッグの市場規模は4,000億ドル。製薬市場とほぼ同じ
  25. アメリカ人の3人に1人は、エイリアンがすでに地球に来たと信じている
  26. 拷問は150カ国以上で行なわれている
  27. 世界では7人に1人が日々飢えている
  28. 今日の米国に生まれる黒人新生児の3人に1人は刑務所に送られる
  29. 世界で3人に1人は戦時下に暮らしている
  30. 2040年に原油は枯渇するかもしれない
  31. 世界の喫煙者の82%は発展途上国の国民
  32. 世界の人口の70%以上は電話を使ったことがない
  33. 近年の武力紛争の4分の1は天然資源がらみ
  34. アフリカのHIV陽性患者は約3,000万人
  35. 毎年、10の言語が消滅している
  36. 武力紛争による死者よりも自殺者の方が多い
  37. 米国で、銃を持って登校し退学になる生徒の数は、平均して週に88人
  38. 世界には「良心の因人」が少なくとも30万人いる
  39. 毎年、200万人の女性が性器切除される
  40. 世界中の紛争地帯で戦う子供兵は30万人
  41. 英国では総選挙の投票者数よりも、テレビ番組でアイドル選びに投票した人のほうが多い
  42. 米国のポルノ産業の規模は年間100億ドル。海外援助額と同じである
  43. 2003年、米国の防衛費は約3,960億ドル。「ならず者国家」7カ国の防衛費総計の33倍
  44. 世界にはいまも2,700万人の奴隷がいる
  45. アメリカ人が捨てるプラスチック・ボトルは1時間に250万本。並べると、3週間分で月に達する
  46. ロンドンの住民は、監視カメラで1日300回撮影される
  47. 毎年、西欧向けに人身売買される女性は12万人
  48. 英国で売られるニュージーランド産キウイは、その重量の5倍の温室効果ガスを排出している
  49. 米国は国連に10億ドル以上の未払い金がある
  50. 貧困家庭の子供たちは、富裕家庭の子供たちに比べて、3倍も精神病にかかりやすい

2006年12月 1日 (金)

少人数でも世界を変えられる

文化人類学者マーガレット・ミードの言葉である。

 思いやりがあり、行動力のある人々は、たとえ少人数でも世界を変えられる――それを決して疑ってはなりません。実際、それだけがこれまで世界を変えてきたのですから。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

広告バナー


  • 大容量・高性能レンタルサーバー『heteml (ヘテムル)』

Amazon リンク

無料ブログはココログ